アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2013年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

本日の自転車記録

先週は起きたら雨で自転車乗れないやんと思ってたら昼過ぎには止んでしまったけれど路面乾く頃には
完全やる気なしモード入ってしまいノーライド。

ジロも終わるし夜更かし生活も終了、ということでお出かけ。ダービーデーなので中継始まる前には家に
居たかったので深く考えずいつもの弥生~直川~宇目~本匠の山の中ウロつきコース。

5/5のライド同様負荷低めのライド心がける。前夜空気圧調整してていつもは7barにしてるところを8bar
強入れてしまい抜くのが面倒でキッチリ8barにしてみた。結果グリップが足りないという事は全然ないし
若干突き上げがキツいかな?程度で乗り心地もほとんど変わらない。引き換えに転がりは明らかに良く
なりその恩恵をフルに頂いたライドでした(笑)

本匠から市内に戻るまで向かい風に晒されるいつものパターンで最終的にヘロヘロになったの毎度の
事ながら最終的にAve23.5km/hってのはソロで走ってる割には(高め空気圧の恩恵もあったけど)よく
走れたほうじゃない?と自己満足。

しかしながらケイデンスの平均が75rmpってどうなのよ自分。心拍抑える、腸腰筋を意識して脚動かす
意識で乗ってるうちに回せないトルク型のペダリングの癖が付いちゃったみたいだなぁ。

クルクル回す感覚と回す筋力をつけなきゃ、心拍意識しないでガーッと走る朝練やってた頃は出来てた
んだよなぁ…朝練やればいいだけか。問題はかつての朝練コース工事中で使えないから新しいコースを
考えないといけないってとこだな。

あ、サイクルスポーツの7月号に載ってた『ロウソクを吹き消すイメージで息を吐く』ってのやってみたけど
アレ利くね!心拍上がってきたなってとこでやるとそれ以上上がらない上手くすると少し下がる。おまけ
にグッと少しパワーが出る気がしたけどその辺はプラシーボかも(笑)まぁお試しあれ!

えっとダービー?勝浦君が予定にない頑張りしてくれたおかげで今年も外してますがなにか?
(この記事は6/16にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2013-05-26 21:21 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

先週のライドで坂耐性復活したかも?という手応えが得られたのでじゃあもうちょい(?)上れるか試して
みようということで今日は鶴御崎を上ってみる事に。

と鶴御崎に行くと決めて出発したはいいけれど風が微妙に強い、目的の上りまではほぼ平坦なので脚を
使わず心拍抑え目で行きたいのにそうもさせてもらえずちょっとガックリ。

そんなこんなで鶴御崎の下までやってきて上り始める、「ア?全然脚動かないキツいじゃん」快調だった
先週のイメージなんて消し飛ぶ「やっぱ俺クライマーじゃないわ」。

こうなると上り始めた以上灯台までは意地でも行くけど坂と戦う気力はゼロ。普段なら蛇行というか勾配
緩めるためにライン選ぶにもいくらクルマのほとんど来ない鶴御崎の上りと言えど道路のセンター越える
ことは絶対しないけど今日は仁義もクソもなし。道幅目一杯使って一番傾斜が緩いラインを選りに選って
ただただ淡々と上る。

ミュージアムパークのゲート抜けて灯台の下までやってきても今日はなんの感慨もなし、先週のイメージ
でスイスイ上れるもんだと思ってたのと真逆で上れなかったことに落胆してる上にこの後の鶴御崎の下り
は大の苦手でそれを思うと更に気が重くイヤな気分ばかり。

勾配きつく路面荒れててタイトなカーブばかりの下りをヨロヨロ下って帰路に就く。来た道を戻れば平坦で
ラクだけど海沿いでまた風に吹かれてヤな気分のまま帰るのもどうかと思い中越浦から米水津に抜けて
浦代峠の下り(たぶん今の佐伯界隈で一番路面が良くて下りが楽しい峠)を気分良く下って帰ろう、という
ことで米水津へ。

浦代峠の上りはまぁそれなりに脚も動いてしんどくもなく上れてこれぐらいの坂が一番合ってるのかねと
考えたりもしながら下りをヒャッハーして帰ってきましたとさ。

(この記事は6/16にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2013-05-12 20:32 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

先週のライドが全く乗っていないのにいきなり負荷の高いコース選びでノックアウトされちゃいましたが
これもとにかく乗らなきゃ弱くなる一方ということで本日もお出かけ。

とりあえずある程度の負荷のあるコースという事で弥生~直川~宇目~本匠のいつもの山ウロつきに
先週は心拍数云々言ってる余裕もなかったけれど心拍平均が172というのはやはりやり過ぎ。週明け
微妙に調子が悪い日が数日あったりしてました。

昨年医者から運動性狭心症に気をつけるように釘刺されてる事もあるしフィットネスレベル落とし気味に
走るように努める。WH-7900-C24-CLを履いて以来ライド序盤に頑張り過ぎてオーバーペース、終盤は
ヘロヘロになるのがパターンになってしまってるので終盤に余力残すためにも抑え目抑え目でスタート。

弥生から直川に向かう最初の上りでアレ?先週のイヤほど上りで「俺クライマーじゃない」と思ったのは
どこへやら、やけにスイスイ上れるギアも1枚2枚重いギアでも脚が動いて笑えてくる。先週の高負荷の
おかげで坂耐性復活したか?いくつか坂、宗太郎峠上るけれど快調な足取りは変わらず上りにかかる
都度ニヤニヤ止まらず。

宇目から本匠の下りも普段はガシガシ踏むけど今日は脚より心拍数を休めるため適度に脚を止め位置
エネルギーにほぼお任せ。因尾の集落に入るとずっと土砂崩れで通行止めだった旧道が通れるように
なっていたのでバイパスのアップダウンを避けて集落の中通るので注意は必要だけど負荷は低い旧道
をチョイス。

番匠川の土手に戻ると結構な向かい風で最終的にもがくハメになってフィットネスレベル下げたライドの
目論見はどこへやらという有様になってしまったけどまあ坂耐性が復活を感れたので悪くなかったかな。

ジロも開幕したことだし先日届いたマリアローザデビューしてみました(笑)
c0038334_19523681.jpg


ゴールまであと数百mというところでGS-SPORT 580Pが『メモリがいっぱいになったからこれ以上トラック
ポイント記録できないよデータを消去してちょうだいな』というメッセージと共にログを中止。まぁファーム
アップでデータ消えた後ログを残しっぱなしにしてて約一年。週末ローディでロングがほとんどない自分
にしてみればこれぐらいログ残せる(LAP等のデータはPC上で閲覧出来ないから本体側にログを残して
おかないと特定の区間のタイム比較できないのでメモリに余裕がある限りログは置いておきたいが)容量
も充分なのかなと。

(この記事は6/16にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2013-05-05 19:52 | ORBEA aqua | Comments(0)