アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2013年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ひさしぶりにドライブ。

ここのところ自転車にかまけて(と言いつつ大して乗れてるわけでもないけどw)仕事とか絡まない
純粋なドライブっていつ以来だろ?というぐらいひさしぶりにクルマでお出かけしてみました。

先週木・金と倉庫でガッツリ作業していたおかげで身体バキバキでいくら使う筋肉が違うと言えど
自転車乗る気にはなれないところだったのでいつの間にやらかなり延伸した宮崎県の東九州道の
事情をちょっくら観察&ちょっと春めいた景色でも眺めようかと。

往路はもともと宗太郎峠走るのが苦ではないのでR10で下って北川ICから延岡南ICまで無料区間
のみ通過その後はお得意の農道~県道40号~農道でバビューンと西都に到着。ちなみに都農IC
~西都ICまではほぼこのルートと並走してますね。

でまずは西都原の古墳群に
c0038334_20403172.jpg
狙い通り桜にはいささか早かったけど菜の花満開♪

菜の花撮る前に古墳群の中をしばし散策
c0038334_20414471.jpg
c0038334_20414699.jpg
c0038334_21454237.jpg
ウロウロしてたらこんな石段を見かけたけど今日の体調で上ってみる気にはならず何段あるんかいな
と下から撮るだけ撮ったw
c0038334_20444164.jpg
あちこちに植わってる山桜はもう終わりかけてたけどソメイヨシノはこれから…

さて一番菜の花が映えるであろう鬼の窟古墳(206号墳)へ
c0038334_2049187.jpg
若干曇り気味だったけどいい陽気の日曜日の午後、人出も大層なもんでまぁ注文つけるのもこっちの
勝手なのでしょうがないですね、前泊→朝一番でなきゃ観光地で人の入り込まない写真撮るのはムリ
ですし。

クルマの往来もひっきりなしなので気は退けたけどまぁやるだけやってみようとクルマを入れ込む。
c0038334_2051347.jpg
206のラストドライブでやった画の再現を狙ったんだけどなんか旨い事収まらないなと帰って見返して
みたら…当時は歩道にクルマ乗り入れ防ぐ縁石がなかったんですね、どおりで。

なんとなく納得いかないけどあまりしつこくやるのは大迷惑&試行錯誤するには来る時間間違ってる。
時間が15時前ということで次の目的地に一旦移動。

身体酷使してバキバキなので栄養摂ろうとうなぎの入船へw西都に入った時間が13:30ぐらいだった
ので昼の営業のピークの時間帯だしどれだけ待つか分からないので先に古墳群で遊んで夕方からの
営業の早い順番をとっておこうという算段。1番で予約入れてあと1時間余りさあどうやって時間潰すか
と考えてたら従業員の方がなにやら昼の営業の最後の客に空きが出たので良ければこれからどうぞと
呼びに来てくれたので望外にスンナリ鰻にありつけた♪
c0038334_2131180.jpg
c0038334_2131324.jpg
ここの鰻もホントおひさしぶりですわ。

鰻の値段高騰に逆らえず徐々に値上げがなされ若干価格の落ち着きをみたとのことで値下げしました
とのことながら往時のお値段考えるとさすがにこの値段なら美味くて当然っちゃあ当然ながら美味し。

家人のお土産用の蒲焼も調達して…最後は体のケアですね。農道~県道40号~農道を舞い戻り途中
農道を離脱し県道51号~R327でこれまたのお定まり石峠レイクランドさいごう温泉 美々川で入浴。
昔はヌルスベ系のお湯だったんだけど例の一件以来カルキの量が増えて中和されちゃったのかちょい
ヌルスベぐらいになっちゃってるのがホント残念。保健所とかウルサイのかもしれないけどこれまで何の
問題もなかった所はそんな神経質にカルキブチ込まなくてもいいのにねぇ。

さてお風呂から出て麦酒の一杯もキューっと飲りたいとこだけどまだ運転があるのでガマンガマンという
ことで帰途に就く。これまたいつものように素直に日向方面へ向かわず山の中へ突進R327~R388、県道
20号で北方へ。ここから北方延岡道路~東九州道で北川までワープ!で、R10で戻ろうかと思ったけど
『宮崎から佐伯なら東九州道使った方が絶対早いって』と言ってた友人の言を思い出し、途中一般道を
挟むしほぼ全線対面通行なのにホントかよ?と思ってたのでどうせなので試してみることに。

結論、条件付きだけど確かに早かった!宮崎県美郷町~佐伯市内で2時間切りましたね。条件ってのは
先に述べた通りほぼ全線対面通行で追い越し不可能なため通行量の少ない時間帯orそれなりのペース
で巡航維持できる事+一般道区間を挟むので特に蒲江IC以降佐伯市内まで県道37号(佐伯蒲江線)
は僅か20km程度と言えど佐伯IC~蒲江IC工事中のため日中は工事関係車両の往来が激しくて時間が
読めない(物凄く時間がかかる)ためその一般道区間をある程度のペースで走れること。要するに目を
吊り上げて飛ばすまでもないけどスムーズに流れてないと旨味は多分ないと思います。走り慣れない道
だから気を使うのが難点だけど夜だったらアリなルートかも。

さて、Blogも書き終えたしお待ちかねの麦酒を飲りますかw
[PR]
by wonder_95218 | 2013-03-17 21:54 | CITROEN C4 | Comments(2)

208 Allure試乗

さてT氏とお話してると208 Allureの話に。『コレがそうですよ、乗ってみます?』とのお言葉いただいて
試乗してみることに
c0038334_203179.jpg
『ヒマだから長く乗ってきてもいいですよ』と見送られて発進!

や~コレ面白い!

外で聞くアイドリングの音はプルプルと頼りない音だし実際走り出しのトルク細くてクラッチ繋いでいくだけ
では敷地の僅かな傾斜も上り切れずアクセル足して上げないと出れない。走り出してからのエンジン音
もガラガラ煩く色気なんて全くない、けどアクセル踏み込んで低いギアから引っ張ると出足の頼りなさは
どこへやら。よく回るエンジンだし車重軽い上にエンジン軽いから鼻先も軽くてよく走る動く。パワステも
電動とのことだけど207のアレはなんなの?というぐらい自然(微速域では軽過ぎな気もするけど)T氏
曰くプリウス等に使われてるメーカーのユニットだそう。感覚としては206 StyleやXTのMTを走らせた
時のイメージかな?試乗コースが海岸沿いでド平坦、ある程度以上の坂に持ち込んだらやっぱ非力だ
という印象になるかもしれないけどまぁMTということでそれなりにごまかせると言えばそれまでだけど。
まぁアクセル踏みこんだら右足がホイールハウス踏んづけて全開まで踏めないとか相変わらずだなぁ
という点も散見されますが。ある程度メリハリつけて運転しないと走らないタイプのクルマなのは間違い
ないので燃費は思ったほど伸びないんじゃない?どうなんでしょ!?

試乗の印象についてお話してたら『そうだ、エンジンルーム見ました?面白いですよ』とT氏
c0038334_20322095.jpg
噂通りエンジン小さい!
c0038334_20322418.jpg
スカスカだから地面見えてるしw

エンジン自体もかなり変わっててドライブベルト、テンションプーリーが存在せず交換はベルトを直接
ぶった切るそうな、エンジンオイル注入口がありますがこの中にタイミングベルトが!ベルトはオイルに
浸った状態だそうで…
c0038334_20322632.jpg
『エキマニがないんですよ』とT氏が仰るので見れば確かにない。前吸気後排気という事かと思ったら
後吸気前排気は変わりなく言葉通りエンジンの外にエキマニがなくシリンダーヘッドに内蔵(?)されて
排気はエンジンを出るとすぐに触媒(画像中央)を通るという。エキマニが逝ったらヘッド交換だそうなw
カウンターシャフト付という事ばかり注目されてますがそうとう変態なエンジンですわ。

若い男の子には軽やらミニバンなんか乗らないでこういう乗ってほしいね運転上手くなると思うよ。

ただ3Dr&MT、売れないんだろうなぁ…T氏曰く夏以降このEg中心に全体のラインナップの搭載Egの
ダウンサイジング図るそうですよ、トランスミッションは5RMTらしいですが。

(この記事は3/10にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2013-03-09 20:30 | 駄文 | Comments(0)
1/25日から(株)吉伴さんが正式にプジョー・シトロエンの正規販売店として活動開始された訳ですが
開業からひと月余り経ちましたが大分に出向く用事もないのでショールームに伺うでもなく。

クルマの稼働率は相変わらずの状態なのですが若干気にかかる部分があったのでこれから年度末に
向かって仕事が立て込みだす前に処理すべくサービスの予約を入れディーラーに行ってみることに。

気にかかる点は以下の2つ
・リアワイパーのウォッシャー液が出ない。
・特定速度異常でハンドルに振動(シミー)がでる。

リアのウォッシャーに関してはそう頻繁に使う人じゃないので出ないなら出ないでいいんですが気になる
のは車検時にリコールの作業(テールゲートハーネスの交換)を行ってもらったのでそれに起因するの
ではないか、またはクルマの稼働率が低い&ウォッシャーをたまにしか使わない事が原因でヘッドライト
ウォッシャーが機能不全起こした
ようにパイプが詰まり発生だとしたら結構な金額の修理になりかねない
この2つの理由。

ハンドルの振動に関しては特定速度、具体的な速度は示しませんが高速道路で遅くないけど速くもない
そんなクルマを追い越すぐらいの速度で出る。コレは納車後ごく初期に出たものと同じでその際の処置
の記録が過去ログにないけどAFOの故佐藤社長は『あ、ハイハイ』でチャチャッと処置してくれてそれで
治まったもの。具体的な処置の内容を教えてもらってないので分からないけど車検後出るようになった
のは間違いないので車検時に何かしらそれに関わる部分を触られたのだろうと。高速でガンガン飛ばす
という事も最近はない(専らオートクルーズで90km/h固定で流してる)けどちょっとした追い越しで使う
速度域でもあるのでやっぱり気持ち悪いっちゃあ気持ち悪いのでちゃんと治しておきたいと。

ということで新生プジョー大分・シトロエン大分のショールームに向かったのだがこの立地がアレ…地図
貼っておきますが大分市外の住民でフツーの人はこの辺にはあんまり来ないんじゃない?
んで中島の方から入って行ったんですが何も誘導の看板がなんにもないのはちと不親切では?

苦言はさておき到着。
c0038334_19571353.jpg
えっと…たしかAFOのショールームがどう頑張っても3台しか展示できなくて当時の正規代理店の基準
に沿ってなくてCJが基準書き換える原因になったとA女史が笑い話にしてましたがココ、シトロエン側は
1台しか入ってませんよ?プジョー側と棟続きだからトータルでおkとかゴーインな理屈なんですかねw

さてサービスにクルマ預けてお茶(コーヒー)を出していただいて、とシトロエン担当のT氏がやってきて
お話させていただく。このT氏なかなか好印象、ぶっちゃけて会話できるしユーザーと積極的に対話して
くれるタイプの方とお見受けしました。また故佐藤社長とタイプは違うけれど扱っているクルマに対する
見識もちゃんと持ち合わせてらっしゃるよう、こういう方がいらっしゃるとこちらとしても気持ち良くクルマ
を預けられますね。

さて結論。

リアウォッシャーは単純にノズル吹き出し口に砂が詰まっていたとのこと、除去して処置完了(確認して
ないんですけどねw)

ハンドルの振動(シミー)については車検時に渡したAFOのカルテの控えには記載がなかったとのこと
ながら疑いは2つホイールバランスとアライメント。ホイールバランスはタイヤ交換・組付以来触ってない
ので狂う要因がないがメカさんが『確認させてください』とのことなので了承。結果片側50g狂ってたとの
こと、ホントかいな…アライメントは車検の際に若干トーアウト側に振った可能性をT氏が言及、1度ほど
トーイン気味に振るようにメカさんに指示。

洗車していただきクルマ引き渡されて処置内容を説明受ける、これでダメだったらアライメントテスター
使ってキッチリ調整し直しましょうとのこと。

帰りは高速走って問題の速度域でチェックしてみましたが一応解消した模様。振れる気配のようなもの
を感じなくもないけど過敏に意識してるからかも、宮河内IC~佐伯ICの短い距離だけで判断するのも
難しいところなので経過観察します。若干トーイン気味に振ったせいか轍の影響を受けやすくなった感が
あるのでその辺も併せて久々の長距離ドライブ計画してるのでその際にでもじっくりチェックしますかね。

(この記事は3/10にさかのぼりで更新しています)

余談
[PR]
by wonder_95218 | 2013-03-09 18:56 | CITROEN C4 | Comments(0)

バーテープ交換

前回のバーテープの交換が昨年の3/7なのでちょうど一年というところですか。さして距離を乗ったわけ
でないけどやはりバーテープはご覧の有様
c0038334_19303224.jpg
画像では分かり難いですが汚れが目立ちますしなにより巻端がむしれてみすぼらしい。BIKE RIBONの
GRIP、素材は薄いウレタンのシートみたいで商品名通りグリップ感はよろしいけど耐久性は…ですね。
かなり早い段階でむしれは発生してましたしそもそも私は薄手のテープはニガテみたいです。

さて巻き替えようということで今回選んだのはこちら
c0038334_19372671.jpg
LIZARD SKINS DSP 2.5MM BAR TAPE、カラーはモチロン…オレンジ!

これまで2回のバーテープの交換はあれやこれやのついでにシオツキサイクルさんで巻いてもらってた
のですが今回のLIZARD SKINSはシオツキサイクルさんは取り扱いがないので通販でお取り寄せ。
さすがに持ち込みでお願いするのもめんどくさいし、そもそもバーテープ交換ぐらい自分でやれるぐらい
のスキルは身につけるべきだよなということでココやココを参考に自分で巻いてみることに。
c0038334_19432894.jpg
引っ張り過ぎるとウレタン部分が剥離する、裂けるというレビューも見かけましたが『巻く時引っ張るな』
の注意書き、そもそも引っ張ったところでほとんど伸びません。作業風景は巻くのに必死でございません
(笑)だいたい撮影して掲載して意味ある光景でもないですしね。

ということで悪戦苦闘(不器用なもんで)して出来上がりがコチラ
c0038334_19571086.jpg
巻き終わりの処理は自分でも不満、巻きの数は左右ともなんとか揃えましたが幅は若干不揃いかなぁ。
さてこの仕上がりいかがなものでしょう?忌憚ないご意見お寄せ下さい<(_ _)>

通勤のちょろっとしか試してませんが感触は…まず緩みはない模様(そこかよっ!)えーモッチリとして
独特の握り心地、巻いてる段階でこのモッチリ感を意識して重ねは極力抑え目にしたつもりですが太さ
を感じます(前のテープがかなり薄手だったのでその分割引は必要ですが)太めの握りがそんなにイヤ
ではない私は気になりませんが賛否両論出そうな感触ですね。グリップ感は謳い文句通り!

総じて満足、多分リピートすると思います。が、カラバリもウリの筈のこのテープどうやらバリエーション
減らしてきてる模様…(今回は国内で購入しましたが)少なくとも海外通販ではオレンジほぼ見つからなく
なってるんですよねぇ。流通在庫が見えてるうちにいくつかストックしておきたいと思います。

(この記事は3/6にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2013-03-05 19:25 | 自転車機材・用品 | Comments(0)