アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

先に紹介したGS-SPORT 580P、勾配表示が緩慢という難点がありましたがまず気圧高度計優先
にしてどうなるか昨日試してみました。

結果は…ダメ

EDGE500なら確実に拾ってた高台への坂でも無反応。

ということで勾配を感知する水準器的なモノの感度が鈍いもしくは表示に反映させる部分の処理
が遅いいずれかと踏みました。新しいファームがないか確認してみる必要があるということでまず
本体のファームを確認、v1.01。GS-SPORTのサイトで最新のファームを確認、v1.02。

新ファームあるじゃんと改善内容を見ると
『6. Add Slope into Activity Setting』
ん?てことはいままで勾配の計測って実は出来てなかった???

ともあれこれは試してみる価値アリという事でファームアップにトライする事に。

が、本体のメニュー→設定に「システムアップグレード」という項目がある。YESを選択するとPCと
接続しなさいと指示されるのでPCと接続。本体表示画面にアップグレード待機中と表示されるので
自動的に新しいファームを探しに行ってるのかと思ったけど何も起こらない。

GS-SPORTのフォーラムにファームアップのリリースが掲載されておりそれを見るとファームアップ
はTraining Gym Proを通じて行ってくださいとなっているのでその状態でTraining Gym Pro起動。

デバイスを認識できませんのアラート。一旦取り外しPC接続モードに切り替えてTraining Gym Pro
起動。メニューからファームアップデートを実行しようとするとローカルのファームのファイルを指定
しないといけない。

GS-SPORTのHPからv1.02のファームを落として適宜保存、指定してアップデート実行しようとしたら
Training Gym Pro強制終了。

実はTraining Gym Proインストールした最初から非常に動作が不安定でメニューを選択する度に
強制終了する状態で先日のライドのデータもなんとか吸い出せたけど後に確認するとローカルに
保存は出来てなかった始末。

悪戦苦闘した結果投げ出した、というのが昨夜までの顛末。

さて、動作が不安定すぎるTraining Gym Proがどうにかならないとファームアップはままならない。
ということで仕事の合間に情報収集したものの目立って有用な情報は見当たらない。

ということでまずはインストールをやり直す事に全ユーザーに権限を与えてインストールしてたけど
ログインユーザのみに変更してみる。ついでに言語選択を英語のまま起動。

と、まずファームアップを選択してみるとダイアログ出る。あれ!?上手くいきそう。まずはアクティビティ
データを保存。ファームアップ実行!ファイル転送待つ事しばし…成功キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

メニューにデバイスの設定って項目あるな…真っ白、あ!初期状態に戻ってる。

PC上から書き換えられるみたいなのであの硬いボタンをポチポチしながらコントラストの弱いカーソル
と格闘するのはウンザリなのでここから書きこんで転送。保存という項目あるなとPCから書きこめる
設定はログファイルで保存できるんじゃん!やっとけばよかったorz

PCで書き換えられる項目は限定されてるので本体側で設定やり直すためPCから取り外し設定画面
見るとカーソルのコントラスト強くなってるよ♪ポチポチ弄ってるとアクティビティの設定にSLOPEって
あるわ!!SMOOTHをFASTに設定してみましたよ。これでEDGE500並みに勾配拾ってくれるかな?

ということで分かったのは私の環境ではTraining Gym Proの言語選択に日本語があるけどそれだと
動作しない(GS-SPORTのHPにもEnglishのみしか記されてないところから英語でしか動作しない?)
事実ファームアップ成功後日本語に切り替えた途端強制終了の嵐再び。

ファームアップすると走行データ・設定等全てリセットされ初期状態の580Pに戻ってしまうので最低限
Training Gym Proで設定と走行データは保存してからファームアップ実行しましょう。
[PR]
by wonder_95218 | 2012-03-28 21:13 | 自転車機材・用品 | Comments(3)

GS-SPORT 580P

ちょっとした不注意からEDGE 500を叩き壊して(正確にはマウント用の爪だけですが)早2ヶ月。

とりあえず割れた爪の破片を摘出して接着剤でつないでみましたよ、こんな感じで。ところが大して
負荷がかかるものでもないだろうと思ってたらマウントに固定する際捻る動作でこんな風にさらに
砕けていくアクシデントががが。

紆余曲折を経ながらなんとか付け外ししても爪が崩壊することなく使えるようになったかと思った
矢先、また爪が砕けたorz

充電やアクティビティデータの吸い出しなど結構な頻度で付け外しするので砕ける度に接着する
にも埒が明かない、最終的に爪の成分が元のプラスティックと接着剤の割合でいうと接着剤の方
が多くなりそうな勢いだしいい加減見切りをつけることに。

で本体のみ買い換えるのが妥当なとこだが約2諭吉さん、折りしもポン様爆上げちう、いい要素が
まるでないや。ということで例のぁゃιぃEDGEもどきGS-SPORT 580Pが有力候補に浮上。

とはいうもののさすがに機能的にはEDGE互換とは読み取れても得体の知れない商品を憂いなく
ポチる勇気はなかったのだがTLにこの商品を流してきた張本人、ざんくろさん@zankuro35)が
ヒトバシラー先駆者としてポチしてレビューしてくれたのでそれを拝見して決断。

表示項目の表現の違い、走行後データセーブを選択しないといけない等お作法に多少の違いが
あるもののEDGEシリーズ触ったことのある方なら設定や操作に戸惑う事は少ないでしょう。
c0038334_22215583.jpg
大きさはEDGE500とほぼ同じ、厚みも580Pの方がボッテリしてるように見えますがマウント方式
の違いのせいで平置きすると高さはほぼ一緒です。1ページの最大表示項目数がEDGE500が
8項目に対して580Pが6項目。

設定~本日の実走の大まかな感想はざんくろさんのレビューダメだしとほぼ同感ですね。という
ことで私から細かいレビューはしません(`・ω・´)

私の要望としては
・時計(TOD)は別画面ではなくサイコン画面の中に割り振れると良かった。
・サイコン画面で使用しないページは非表示にできた方が硬いボタンを押す回数が減って嬉しい
・オドメーターが無いのがどうにも…
これぐらいですかね。

あとざんくろさんも指摘してますが勾配表示が緩慢な点、私も高度計測をGPSにしてましたが。
GPS高度測定オメーはダメだ!!!
勾配表示が緩慢なのは知ってる道ならとりあえず無視してればいいから問題ないにしても衛星
に頼ってる=受信感度が落ちるととんでもない事になるわけですわ。
今日の走行中にも山間の緩い上りでやにわに『-22%』などと表示したり雲が出てきたと思うと
『30%』と表示されたり。「落ちるわっ!」「上れるかっ!」と突っ込んでましたが表示がおかしい
だけでデータでは正確に記録されてると思ってましたが帰って吸い出したモノを見るとアホ表示
がそのまま記録されてましたね。

ざんくろさんの指摘で気圧高度測定に切り替えるつもりだったのですがその設定がどこの階層
に潜り込んでたのか失念したのでままよと走りだしましたがこのままじゃ使い物にならないので
帰ってすぐに設定変更しておきました。来週仕事の集金の時にでも結果確認しておきます。

あ、バイクに取り付けた画も一応うpしておきます。
c0038334_21534396.jpg
EDGE500のどのカラーよりうちのaquaにカラーコーディネートはマッチしてると思うんですがw
あ、タイラップが…な件は目を瞑っていただけると。設置位置の微調整済み次第処理しますので。

[PR]
by wonder_95218 | 2012-03-25 22:32 | 自転車機材・用品 | Comments(0)

本日の自転車記録

朝7時に目覚ましかけてたのに起きたのは10時(ノ∀`)

いろいろ考えてたんですが全部ご破算になっちゃいましたがとにかく先日入手したGS-SPORT 580P
の動作確認したかったので出かけることに。

昨日に続き風は強く心折れそうでしたが帰りは追い風に乗れるんだと言い聞かせてまずは本匠から
宇目へ。千束まで辿り着いた時にはもう脚ないなぁと思いつつ宇目振興局(旧役場)への坂を上るが
全く脚に力が入らずもう帰ろうかなと完全に心折れてる。しかしここまで来たからにはと思い直し先へ
進んで道の駅宇目までなんとか到着。
c0038334_20523654.jpg
時刻は14:30、さてどうするか。腹積もりとしてはこのままR326を下り北川まで行きR10で戻るという
ルートで100kmオーバーの距離を稼ぎたかったが周辺案内図見ると残り距離はザックリ言って60km
余り。今までの走行ペースでもなんとか日が暮れるまでには帰り着けそうだが既に脚は売切れ間近、
R326は下り基調だけどR10の宗太郎峠を上りきれる気がしない。引き返しても結構なアップダウンが
キツいのは分かってる、イヤな二択だなぁと悩んだけれど距離が少なくて済むので引き返すことに。

ネタでととろバス停に寄って帰ろうかなと思ったけどR326から道を外れた途端強烈な向かい風と力の
入らない脚。こんなことしてたらホントにピックアップ呼ぶハメになる、とスゴスゴ引き返しとっとと帰宅。

んあ~疲れた(´д`)
走行距離:89.63km(分かってたけど100km届かなかったお)

GS-SPORT 580Pについてはまた別項で。
[PR]
by wonder_95218 | 2012-03-25 20:53 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

貧脚なりのLSDもそろそろ手仕舞いして負荷かけて走るメニューも取り入れなきゃいけない時期に
なってきてるけどLSDの締めに100km走しようかなと思ってたんですがよく考えると夕方から臼杵
で斉藤和義のLive観に行くことになってたので15時半過ぎには駅に行かなきゃいけない、入浴して
お昼ごはん食べて身支度して…と逆算すると13:30ぐらいまでしか自転車乗る時間の猶予ない事
に気付く。来週以降に持ち越しだわ<100km走。

ということで朝に弱いながらもなんとか布団から這い出し宇目~本匠コースに行くかとR10を南下。
が出がけの天気予報で強風警報発令中とあって向かい風強いのなんの。進まないことこの上ない、
これだけ辛いなら帰りは追い風に乗って帰りたいよなということで本匠に向かう気既になくなります。
R10は日豊本線にほぼ沿っているので走っている横を列車が通過する度「写真撮りたい~」「撮り
逃した~」と薄い鉄分を疼かせてくれます。
c0038334_2163991.jpg
とあるまとめにも載ってましたが佐伯~延岡間はメチャクチャに運行速度遅いのですがさもありなん
ほぼまるっと宗太郎峠を越えて行くのですから。その脇を「アラ、あんな高いところに線路があるわ」
と眺めてたら
c0038334_2164258.jpg
こんな感じでカーブ二つ三つ上っていくと
c0038334_2164538.jpg
既に線路が下にいるというわけで「ダラダラした上りのようで結構勾配あるのね」と実感したりします。

ピーク越えて重岡駅を通過すると楽しい下り~と7kmほど下って目的地到着♪カメラ取り出した途端
c0038334_216472.jpg
さんざ撮り逃げした不運の埋め合わせのように列車入線(^o^)
c0038334_2165022.jpg
列車を見送りお約束(?)の画を撮って。

天国と地獄と言えば運行速度もさることながら佐伯~延岡間の各駅停車の普通列車は
c0038334_217097.jpg
日に上下各3本…
c0038334_2165223.jpg
のためかその筋の方には秘境駅として有名なんですね(知らなかった)
c0038334_2165525.jpg
c0038334_2165773.jpg
こういうのは誰が残したのかな?
c0038334_217257.jpg
c0038334_217572.jpg
c0038334_217732.jpg
鉄分薄いのでこういうとこに来た時その筋の方を満足させる画というのがどんなのかよくわからない
ので物足りないかもしれませんが…

7km下ったという事はその分上らないといけないということ…麓まで下りるともう少し距離とれるけど
近辺の上りって2km~4km程度なので長い上りで坂耐性付けるにはよいかもねとエッチラ上る。

あとはひたすら下り基調&追い風効果でバビューン(当社比w)

往路に要した時間から11時に折り返せばちょうどよい時間に帰り着くと踏んでたのですが予想以上
の効果を得られたためか予定より1時間ほど早く戻ってきてしまいこれなら本匠に回ればよかったな
とちょっと後悔。

走行距離:68.72km
(この記事は3/12にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2012-03-11 21:06 | ORBEA aqua | Comments(0)

ハンドルバー交換

前々から思ってたんですが例えば平地でもがいててブラケット掴んだ状態で脇を締めていくと
手首が内に入って極端にいうと「〉 〈」こんな形になって持ち辛い、これハンドルの幅狭めた方
がいいんじゃない?と。更に言うならややブラケットが遠いかなとも。

ついでに言うなら下ハン持つと上体潰れて骨盤立てるとかいってられない。身体ができてない
と言われればその通りのヘタレ自転車乗りなので返す言葉がないところ。しかしそういう状態で
下りに行くとバイクをコントロール、なんてムリ。超絶怖い。

以上の件からaquaに標準で付いてるハンドルって今の自分には全くあってないのだろうと判断、
交換することに。

調べてみると実測した方がいらっしゃったのでその数値を転載させてもらうとしますか。
・リーチ:85mm
・ドロップ:160mm
・幅:400mm(c-c)
・重量:342g(まぁこれはどうでもいいんですが)

パッと思いつくメーカーのHPをササッと見てきましたがリーチはまだしもドロップは世に出回る
アナトミックのバーでも相当大きい部類ですね。

ショップに相談に行くと
「あ~ORBEAに付いてくるハンドルは結構大きいからキツいんだったら交換してもいいんじゃ
ないです?」
だと…納車時にそれらしいこと言っていて欲しかったよ(´;ω;`)

ということでコンパクトバーを選んで一緒に幅も狭めることにして選んだのは
Deda RHM 01 ドロップバー ブラック400mm(外-外)
・リーチ:75mm
・ドロップ:127mm
・重量:340g(42)
Dedaの最廉価の安っいヤツです(笑)サドル同様お試しができない製品の性質上、これまた
サドル同様に沼があるらしいということで最悪の場合とっかえひっかえになるかもしれないので
最初からZero 100みたいなお高いのを選ぶわけにもいかないし。重い?計量厨でもないし気に
しない。軟い?いくらなんでも金属のパイプを撓ませられるほどの力はヘタレ自転車乗りにある
わけない。問題なければ次のステップでZero 100でもカーボンバーでも入れればよいわけで。
(まぁおっかないからカーボンバーは入れる気ないけど)

さてさて比較してみましょう。
Before
c0038334_19211456.jpg

After
c0038334_19212277.jpg
オレンジのバーテープは私のバイクのアイデンティティ(`・ω・´)

ショップから乗って帰る間のちょっとした感触では幅狭っ!ブラケット近くなった!下ハンラク~♪

ハンドル幅は実測で370mm(c-c)イヤな狭さじゃないけど一気に30mm詰まったので違和感を
覚えるのも致し方ないところでしょう(直進安定性や上りの際には影響があるかも?)リーチは
10mm短くなって今までやっぱり遠かったんだと。ブラケット持った状態でも力の入れやすい事
と言ったら!下ハン持ったなら今までなんだったのかと!

瑣末な事ですがワイヤを這わす溝が無いモデルなので上ハン持った時にワイヤも握ってる感
が微妙に不快…デフォのバーにも溝はなかったけど巻いてたPROFILE DESIGNのCORK BAR
wrap
がかなり厚手だったのでほとんど気にならなかったのです。今回は冬用フルフィンガーの
グローブとコルク系のテープの相性が良くないらしくBIKE RIBONのGRIP(代理店のHPではロゴ
入りでしたが実際は無地でした)にしてみたらテープが薄くなった分だけワイヤが気になるように
なった次第。握り心地が許せなければテープを替えて対処最悪溝ありの似たようなプロファイル
のバーに替えるとしますか。

さぁこれでaquaも弄るとこなくなりました!※ホイールを除く
(この記事は3/8にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2012-03-07 19:20 | 自転車機材・用品 | Comments(0)