アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2007年 05月 ( 16 )   > この月の画像一覧

竹田~高千穂~阿蘇

タイトルが『竹田~』となってますがのっけからアレですが竹田はかすっただけで
本当の目的地は高千穂、理由は追々として。

高千穂行きのルートとしては一般には延岡から国道218号・高森から国道325号
というところでしょうが午後からお出かけというで時間がないので竹田から真っ直ぐ
祖母傾山系をぶち抜くことに。

まずは豊後大野市緒方町から大野川上流南部地区広域農道でショートカット敢行。
c0038334_22365723.jpg
(たぶん)神原渓谷というところに架かる橋。
気がついたら回りの山々の頂上より高いところに居たりしました。
この日は天気はよかったのですが黄砂(?)で若干靄ってたのがちょっと残念。

橋から下を見下ろす。
c0038334_22332255.jpg
c0038334_2233435.jpg
呼称というか愛称もついていないこの農道、That's農道で道端は畑や田圃だらけ。
なのでこの時期路上には泥や土くれが転がってるのが仕様になってますが地元民
以外ほとんど通行がなくアップダウンに富んでいて中々の快走路。

さて件の農道から県道8号線、ここを通過中に図らずも既に大分・熊本・宮崎三県
を跨ぐ事に。誰も通らないのにヤケに立派な農道から一転紛う事なき林道、まさに
忘れ去られた道路になにを思ったのか愛媛ナンバーのALPHARD。ナビに騙され
連れて来られたんだろうけどC4もいえた義理じゃないけど道にそぐわないサイズで
ジャマだぁ。

さて今回高千穂に行こうとおもった理由というかわざわざ山をぶち抜いて高千穂に
出向いたのは『コレって問題あるんじゃないの?』シリーズ第2弾撮影のためだけ。
そう滅多に出張れないところにあるもんでコレ一本のためだけにでも出かけないと
しょうがなかったんですよ(笑)

さて今回の対象はその県道8号を抜け高千穂町河内に降り立った所に犬●叉。
って△夜叉居なくなってる?と見回すと場所を移されていましたよ犬夜▽。
c0038334_22335684.jpg
しかもなんか増えてましたよ今回も。
c0038334_22341187.jpg
機動戦士。
c0038334_22342491.jpg
星雲の人。
c0038334_22344035.jpg
さらには燃える闘魂?
c0038334_22345499.jpg
これらが集まった一画の光景はそうとう異様。

というかコレを嬉々として撮影する私も傍らを通過する車から奇異の目で見られて
ましたが(笑)

このあとあたりを散策してましたらこれらの工場も発見。さらなるアレなの製造中、
また○谷プロにケンカ売ってからに...

またさすがにジブリ系はと判断したのか隠匿、朽ちかけてたので見なかったことに
しておきまそたがイヤ、あんなところに●婆婆はちょっとギョッとしますわ(汗)

しばらくしたらこの一画に安置されると思われ。お近くをお通りの際は是非チラッと
道路脇に目をやってみてくださいませ。

道の駅 高千穂で家人へのお土産を買ってさぁどうしよう、最近は陽も長いことだし
もう少し遊べそうなので国道325号を高森方面へ行ってみることに。
c0038334_22351336.jpg
熊本・宮崎はループ橋が好きらしくあちこちに、こちらはまさに県境にかけられてて
この橋を渡っている間に県境を二度跨ぐことに。考えてみるとなんとも妙ちきりん。
c0038334_22352979.jpg
高森まで来てみたら黄砂だけならいざ知らず空も掻き曇って眺めもなにもなくなり
なんだかなぁと思ったけれどとりあえず山を上っていくことに。

とりあえずパチリパチリ撮影したけれどやっぱり曇り空だと見栄えもイマイチだなぁ
と思いお蔵にするつもりでしたが持って帰ってみたら存外よく撮れてたというかまぁ
使えなくもないかということで数点UP。
c0038334_2237407.jpg
池の窪園地
c0038334_2237593.jpg
草千里 盲撮り
c0038334_22383059.jpg
米塚

まぁ思っていたよりも撮れていたけれどやっぱり晴天の下で撮りたいものですね、
近いうちにリベンジしようっと(路肩が狭く構図が限定されがちだし日中は通行量も
多いのでできれば早起きして朝のうちにササッと、てのが望ましいんだろうなぁ)
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-30 23:06 | CITROEN C4 | Comments(2)

ローカルな話だけど

今晩のドォーモは凄かった、ローカルの深夜番組でやるテーマじゃないですよ!

陳腐な感想だけど感動するってか関心する。スゴイ、ホントにスゴイ。

多分近々続編がありますよ必見です。

ドォーモってくだんねぇネタや自己満足企画も多いけどたまにコレこの枠・時間帯じゃなく全国ネットで十分通用するってレベルのテーマの時があるから侮れない、KBC恐るべし...
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-30 01:44 | From mobile | Comments(0)

ちょろっとお出かけ

ホントは朝から出かけて熊本市内まで行ってみようと思っていたのですが

目が覚めたらお昼前。

といえど夏を思わせるような強烈な陽射しなのに家でゴロゴロしてるのも

もったいないのでちょこっとお出かけしてきました。

今回は竹田~高千穂~阿蘇、どこがちょこっとや(汗)

ほとんどすべてのルート・ポイントが数年ぶり、またもめいっぱい山走り。

もうおなかいっぱい(ゲフッ)

諸々はまた明日にでもUPします。あ~ワイドレンズ欲しい(ボソ)
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-27 22:57 | 駄文 | Comments(4)

ドンヨリジトジト

冷たかった雨粒が温んできたと思ったらあがった後もジットリとした湿気が漂い続け
季節が変わりつつあるんだなぁとあらためて実感。
c0038334_22491611.jpg
こう湿度の高いと体がダルいし気分的にも煩わしくなんとも堪えます、空も陰鬱。
c0038334_22493079.jpg
こういう日の夕暮れ空もなんだか不穏な色合いで気持ちがざわめきます。

そして「あ~鬱陶しい」と思ってるとやっぱりやらかす痛恨のミス、入れとかなきゃと
ずっと思ってたのにダービーの馬券代を口座に入れておくのを忘れてしまいました。
そしてその事に気付いたのが銀行の取引終了時刻10分後。

なんか凹みまくっちゃって立ち直れない...orz
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-25 22:58 | 駄文 | Comments(0)

蒲江縦断(5/8)

例年恒例の旧郡部まわりの間に撮影した画を整理しないまま放置したままにしてましたが
せっかく撮ったのにお蔵にしてどうするということでいまさらUPいたします。

5/8は蒲江を端から端までズズズイと。

まずは波当津、以前掲載してるので似通った画ばっか撮ってもしょうがないのでパパっと
c0038334_2221330.jpg
c0038334_22211616.jpg
葛原~波当津の県道122号、これまた以前掲載しましたが206よりC4はサイズも重量も
大きいため道の幅よりクルマの大きさが勝っちゃってて更に圧迫感がありました。
おまけにこの日はちょっとばかり荷物を積んでてさらにクルマが重くてリアがついてこない、
ゆっくりゆっくり走りました。
c0038334_22212716.jpg
c0038334_22213838.jpg
見通しの利くところの眺めはすばらしいのですが運転してる限りはその光景を楽しむ余裕は
ほとんどありません。
離合もギリギリの道幅なので停車するのも憚られるのですが後続も対向も気配がないので
タブーを承知でちょこっとだけ撮影。
c0038334_22215111.jpg
この日もお昼はうさぎ亭。
ぶりの照り焼き定食、ごはんが進んでおなじみ茶碗てんこ盛りごはんでもフツーにおかわり。
c0038334_2222494.jpg
店内から見るテラス越しの自分のクルマ、の眺めが結構お気に入り。

こないだドガログに却下されたのでリベンジでも一度同じようなお遊びをしてみました。
久しく使ってなかったデジカメの動画機能、ミニ三脚をダッシュボードに据え付けて雲台調整
レバーを片手で支えてオンボードカメラ撮影。
ハンドル切ってるうちに三脚の脚がずれてちょっとアングルが動いてますがその辺はご愛嬌
ということで。

ロケーションによっては面白い感じになると思うのですが誰でも容易に想像つくようにかなり
問題ありな手法ではございます。カメラの固定に意識の大半を費やす上に視界はカメラに
遮られ前方はほとんど液晶を覗き込んで確認してる始末ですからかなり危険です(笑)

そもそも公的機関の職員さんに見咎められたら即OUT、紙切れいただく事請け合い、です
のでくれぐれも真似なさらないように...
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-23 23:07 | CITROEN C4 | Comments(0)

全身の血を

抜いてキレイな血と入れ替えたいほど

内臓を引っ張り出してひっくり返してタワシでゴシゴシ洗ってやりたいほど

酒が残ってサイテーな気分で午前中。

も~今日だけは飲まんどこ、と何度思ったことか。

結局ひっかけてる年中肝臓フル活動の意志薄弱な三十路男でございます。


普段外で飲むことなんて2~3ヶ月に一回程度なのに今月はなんか飲み事

が続いて毎週なにやかやと(ま、一人でフラッと飲みに出てたりもするので

あながち行事ごとや他人のせいだけでもないのですが)


ボチボチ飲み疲れが溜まってきております、という更新サボリの言い訳でした(笑)
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-23 21:59 | 駄文 | Comments(0)

ソフトクリーム?

某病院の売店がソフトクリームの販売を始めました。

仕事で立ち寄ったら

「兄ちゃん、ソフトクリーム食べていかんな?おいしいよ(=練習したいから人柱になって)」

と声をかけられたのでお付き合いで頼んだら
c0038334_22565297.jpg
これはあんまりでないかい?

途中で自分で笑えてプルプルしてるのはいかがなものよ、ねぇHさん。

このあと作ったのは結構キレイに出来てたのが更に納得いかないぞ!

ということで「アンタこれネットで晒すけんな」と宣言しておいたので掲載しておきます(笑)
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-18 23:03 | 駄文 | Comments(6)

美々津へ(5/13):下

中町筋を通り抜け漁港に出てから今度は上町筋を散策。

こちらは明治時代の商家の様式が中心。
c0038334_21271356.jpg
中町筋もそうだったのですがこう町並み整えるならついでに電線埋めるとか始末しておいて
もらったらなお良かったのになぁと。
c0038334_21273063.jpg
景観保護指定地区なので当然一般の住宅や商店もその様式に揃えているのですが。
c0038334_21274675.jpg
このPRはあまりにそぐわない...
c0038334_2128055.jpg
c0038334_2128189.jpg
旧美々津郵便局舎。
住宅に改築されたのを再度当時の外観に改装したそうです(見ると表札がかかってます)。

こちらは常時クルマの乗り入れが許可されているそうなので和の佇まいとC4の組み合わせ
の撮影敢行!
c0038334_21295172.jpg
c0038334_2130429.jpg
c0038334_21301929.jpg
ただし、何度も申してますが住民の方が普通に生活されてますのでご迷惑にならないように
すると必然的にロケーションが限定されますので絵面が似通ってしまうのでございます...

美々津を後にしお風呂に入りたなということでいつもの石峠レイクランドへ。
が、時間が絶妙だったようで駐車している車の台数が多くこれはたぶん混んでるなと判断
残念だけどこの日は入浴せずに去りまして、母の日だったのでなんか買ってあげようかと
延岡のジャスコでちょっとしたお菓子とカーネーションを購入、帰宅。
その辺のルートはこんな感じ
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-18 22:27 | CITROEN C4 | Comments(2)

美々津へ(5/13):中

美々津のもうひとつの顔、江戸時代以降の商業港。

津波等の災害を乗り越え残された建物群を中心に景観保護指定地域に指定されています。
c0038334_2281479.jpg
まずは中町筋、こちらは石畳の通りと江戸時代の商家の様式が中心。
c0038334_2283155.jpg
c0038334_2284487.jpg
立ち並ぶ建物のほとんどが一般の住宅なのですが景観に沿った外観にしつらえられてます。
c0038334_2291012.jpg
こういう路地ってなんだか懐かしい気がします。

そして日向市歴史民俗資料館へ、こちらは廻船問屋の大店を公開。

係員さんの『ご自由に撮影なさってください』と言うお言葉に甘えてバチリバチリと撮影。
c0038334_22122924.jpg
1階座敷の間から見る中庭。
c0038334_22124112.jpg
2階。
当時商家は2階を設ける事は禁じられていたそうですが屋根裏と建前で設けられたそうです。
なので天井が低いです、因みに天井は船底天井(秋月から従いてきた船大工さんの手による
建物だそうです)。倉庫として用いられてたと言う事ですがこのちょっと変わった凝った間取り
は本当に倉庫に用いてたのはちょっと疑問。
c0038334_22125382.jpg
2階には海を望める窓。
c0038334_22135417.jpg
今回一番の自信作(自画自賛)、結構ありがちな画ですかね?
c0038334_221491.jpg
虫かご窓というそうです、柵をすべて漆喰で塗り込み木を見せないようにつくってあります。

ここの建物古い商家の佇まいが祖父の家にちょっと似た感じがあって興味深くて案内員の
方にあれこれ訊ねてたら『建築の研究家の方ですか?』なんて訊かれちゃいました(笑)
せっかく見に行ったのにサラッと眺めて帰るのはイヤなので気になるものがあると億面なく
質問する性質なだけなんですけどねぇ、ま割に古い建物見るの好きな方でヲタっぽいところ
があるのは否定はしませんけどねぇ...

もうちょっと画がありますので続きます。
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-16 22:51 | My Favorite | Comments(0)

美々津へ(5/13):上

遅く起きた午前中にジーンズを洗濯してから晴天に恵まれ出発。

私にしては珍しく目的地もルートもキッチリ決めこんでのお出かけ目指すは美々津

今回のルートのテーマは『国道10号に頼らない』
延岡までは致し方ないにしてもそこから先は絶好の行楽日和の休日にわざわざ渋滞
見込まれる小倉ヶ浜・金ヶ浜など通過してられないので海沿いに向かうために山走り。

そんなルートはこちら

駐車場にクルマを停めて
c0038334_22365170.jpg
防風林をくぐり抜けると
c0038334_223753.jpg
こんな眺め
c0038334_22373712.jpg
そう、ここは神武天皇の東征のお舟出の地。
c0038334_22375233.jpg
ただしその伝承は厳密にどこから出航したと伝わっていないらしく海岸にはそれっぽい
モニュメントが2つ。
c0038334_22372222.jpg
c0038334_2238956.jpg
c0038334_22382638.jpg
c0038334_22383747.jpg
とにかくここの眺めはすごくステキ、キレイで大好きです。国道10号沿いの金ヶ浜~
美々津の車窓の風景も雰囲気があってまさに『美しい美しい(2回重ねるんですよ!!)
津(≒海岸・港)』、名前は伊達じゃないです。

消波ブロックが興醒めだって?

日向灘沿岸各地は海岸線の侵食に晒されておりここ美々津も例外ではないのです。
もちろん私ももったいない景観を損なってるとは思いますが致し方ないのです...
c0038334_2240052.jpg
歩いてるうちにいつの間にやら海岸と道路が堤防で遮られてて乗り越えようと上って
みたら存外高い、見回すと階段が設けられてるけれどこれが勾配がきつく幅が狭い。
飛び降りるのと同じぐらい恐いんですけどコレ...

さてこの後は市中散策、がこれまた画の点数が多いので二部構成に分割いたします。
(続く)
[PR]
by wonder_95218 | 2007-05-15 22:47 | My Favorite | Comments(0)