アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:Drive music( 16 )

「国東半島ぐるり1周」編も締めは音楽紹介で。
途中何枚か入れ替えたのですがメインテーマディスクはコレ。

Jake Shimabukuro
「WALKING DOWN RAINHILL」

先日ご紹介した「CROSSCURRENT」に続き買って
おいたのですが超絶の早弾き、前作を上回ります。
カバーもThe BeatlesというよりGeorge Harrisonの名曲「While My Guitar Gently Weeps」や
元ちとせのメジャーでの最高傑作(だと思ってます)
「ひかるかいがら」と凝った選曲が聴きどころ。ただ味わいと言うか印象度では若干テクばかりが面に立って淡白な感も否めないところ?

さて
[PR]
by wonder_95218 | 2005-08-24 23:26 | Drive music | Comments(0)

Jake Shimabukuro : CROSSCURRENT

ということでコレ4・5日聴いてダメだと落ち込んで
口直しにかなり前から気になったままだったCDを
買ってきました、今年の夏のドライブ用です。

Jake Shimabukuro「CROSSCURRENT」

2年ほど前に某CMに出演し桟橋(?)でウクレレ
掻き鳴らし「ゲンキ、ハチュラチュ~?」と怪しげな
発音で言っていた彼こそがJake Shimabukuro。


ちょうど仕事中のクルマの中でこの「CROSSCURRENT」プロモーションで来日し出演していたFM番組を耳にし、以来気になっていたんですが、手が回らず棚上げになっていたアーティスト
の一人であり1枚です。

ウクレレといっても典型的なハワイアン・ミュージックとは全く別な音楽、違った世界。
ロック調からポップスやジャズ・カバーまで幅広いジャンルに渡って世界を聴かせて
くれるわけですが、圧巻は超絶の早弾き。
ハワイの風景にインスパイアされたオリジナルのビートの効いた曲もいいし耳慣れた
カバー曲も音色と技巧で独特の景色に染まっています。

最近三味線でこの手の音楽をやる方がいますが、聴けばなるほどその技法と音で演ってみるのも面白いけど
なんだかなぁと思う自分がいるように、こういう音楽をあえてウクレレで演らなくてもといわれればごもっとも
なんですが...テクニックでいえば枠を越えてるとも思えるのでそれはそれとしてアリとさせてください。



こういう繊細なインストやアコースティックの音楽やブルースのような間が大事な音楽って
206ではちょっと気持ちよく走っていると様々な雑音が多すぎて聴けたものではないので
あえて外すようにしてましたが...C4のために用意したようなものですね(笑)
[PR]
by wonder_95218 | 2005-07-15 22:40 | Drive music | Comments(2)
『一日でどこまで行けるかやってみようドライブ』編もう少し引っ張ります(^_^ゞ
今回のドライブでエンドレスで聴いていたのがかなり古いアルバムですがコレ。

Natalie Imbruglia
「LEFT OF THE MIDDLE」

仕事で旧郡部をまわっている際に
聴いていたままだったのですが、
このアルバム全体に漂う雰囲気は
穏やかな渚だったり深い森の中だったり清涼感に満ちていて、初夏のイメージにピッタリなのです。
そしてこのアルバム私にとっては今α波が出てる~と感じられる
かなりのヒーリングミュージックです(正直エンヤなんて目じゃないです)。
実際旅行の際に移動の度コレ聴いててずーっと眠りっぱなしの
風情の欠片もない旅になってしまったことも...(笑)

このアルバムに欠点があるとすれば...
ラストトラックの「LEFT OF THE MIDDLE」がシークレットトラック的な
扱いになっており6分以上のリードインが設けられていることです。
真っ暗な山の中を運転している時などに油断していると歌い出しに
ビクッとなってしまい精神衛生上好ましくありません(^_^;

新譜
[PR]
by wonder_95218 | 2005-05-13 21:26 | Drive music | Comments(0)

矢野絢子 : 浅き夢

ここのところ仕事で旧郡部をまわっているのですが、そんな中移動中に聴いていたCDをまたご紹介。

矢野絢子浅き夢

デビューシングル「てろてろ」を聴いて
その独特の語感の詞、様々な表情を
持つ歌声で惹かれました。

インディーズ時代に自らライブハウスを設立し、現在でもそこを活動の拠点に
しており以前取り上げた浜田真理子さん同様、地元に根ざしたスタイルに
好感が持てます。

今回のミニアルバム、和のテイストというか民謡のモチーフや
寓話的なエッセンスの詞の曲で構成されています。
その空気感はまさに日本的で海辺や山の中で刺激的な景色は何もない田舎を走っているとこれほど馴染むドライブミュージックもないかもしれません。

ま、ごちゃごちゃ言わなくても
[PR]
by wonder_95218 | 2005-05-05 22:26 | Drive music | Comments(2)

Norah Jones : Come Away With Me


今日はひたすらに田舎を運転。
聴いてたのは

Norah Jones
「Come Away With Me」

Country Musicテイストのまったり感、目に映る光景は山と海岸。
時間に余裕はなかったのですが
206が快適に走る速度以上に
アクセル踏み込む気にもならずのんびり・ゆったりでした(^_^;

しばらく
[PR]
by wonder_95218 | 2005-04-26 22:25 | Drive music | Comments(0)










blog開始以来孤立していたカテゴリ、お気に入りの「Drive Music」

第一発目は野狐禅
左:1st「鈍色の青春」
右:2nd「東京23区推奨オモイデ収集袋」

ラブソングだらけのJ-POPの中において
異色のモダン・フォークといったところでしょうか。
曲によってはハードなロック調だったりブルース調だったりもしますが
しかしGuitar&Pianoのシンプルな構成にある種の殺意を感じさせる詞
を乗せて歌うというより叩きつけるような叫び。
その世界には中島らも氏の文章に似た印象を受けます。
拙い感想では伝えられませんが、ダメ人間の私にはよく沁みます(^_^ゞ

現在2枚のアルバムをリリースしていますが1stの方が荒削り感がよりらしさを伝えてくれます(悪名高いCCCDなのがもったいないですが)。
[PR]
by wonder_95218 | 2005-02-03 22:12 | Drive music | Comments(0)