アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ORBEA aqua( 67 )

日曜に貧脚の辛さ情けなさを痛感して朝練(月曜日は疲労回復の名目を言い訳にお休みサボりました)

とにかくもがいて朝練コースをアウターで回し切れるギアを一枚ずつでも増やせるよう上げれるように…

走行距離:17.44km
平均速度:24.16km/h
平均ケイデンス:86rpm
平均心拍数:159bpm
消費カロリー:462cal

(この記事は4/13にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2012-04-10 21:59 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

自転車乗ってて心がけてる事はまず何があっても自力で自宅まで辿り着く事。途中でよほどの事が
ない限り他人様の手を煩わせる事のないように。

ということで普段のライドは行って帰っての折り返しないしはグルッと巡ってのループでコースを設定
するわけですがいざ走ってみたら意外に距離稼げてない物足りないってことも当然よくあります。

この冬、本匠や宇目の山の中をウロチョロしてる時にちょうど目に入った標識でふと思ったのですが
「帰る事気にせずR10を下って行ったら宮崎まで1日で行けなくない距離だな」と。

ルートラボで佐伯~宮崎のR10をトレースするとおおよそ150km、宗太郎峠が最高到達点であとほぼ
平坦じゃない!Ave20km/hで走ったとして7時間半計算、宮崎駅から最終の上り特急が18:48。

途中で止まる時間入れても朝8時ぐらいまでに出かければこなせるんじゃね!?ということで計画発動。

8:00過ぎ出発まずは身体が動いてくれるまではゆっくり目でも気にしない、上りも早めに軽いギアに
落としてラクにラクにと宗太郎峠をこんなに余裕で上り切ったのは初めてかも、頑張ってない分上り
が異様に長く感じるのがタマに傷だけど。
c0038334_2101921.jpg
9:35ぐらいに重岡駅到着。
ここまでは何度も来てるしだいたい予定通り、既にチマコッピ越した体力的にも全然余裕、後は距離
があるけど楽勝だわ、なんて思ってましたよ(頭の中では30km走ってるつもりだったけどまだ25km
しか走ってなくてこの時点で既に遅れが出てるなんて知る由もなく…)

スイスイと下って
c0038334_2102158.jpg
県境キタ!
って順調だったのは実はこの辺までだったりするわけで(笑)

延岡市街で60kmになるのだけれど宗太郎下り切ってから思ってたより距離がある。気温がどんどん
上がって20℃超、ウインドブレーカー着込んでたので暑い、前日まで西風だったので同じ風なら横風
になると予測してけど決して強くないけど向かい風(後ほど確認したらこの日の日中だけ南風、酷い罠
だなぁ)

北川町を抜ける頃からムリに頑張っていないのに心拍数が高止まり気味、延岡に入るまで山の中、
自動販売機はあってもコンビニとか全くない、走りだして3時間以上補給なし…ガス欠間近ってことだ。
距離も時間も稼げず延岡市内に入って11:40過ぎコンビニに立ち寄りおにぎり齧りつき再出発。

この時点で走行約60kmに対し経過時間約4時間、設定ペースから約1時間遅れてるし…

ここから延岡~門川~日向をどう抜けるか。この区間片側二車線のバイパスで通行量メチャクチャ
多い、ロードサイドにいわゆる量販店が並んでて横から出てくる車も多い。脇道に逸れたい気持ち
はあったけど川を何本も渡らなければならず外れた道に橋が架かってるとは限らないのでヘタな道
を選んだら余計なロスが出るしと予定通りR10を突き進む事に。

この選択は正しかったのか…絶えない南風で車速を稼げない上信号に引っかかる事この上なし、
ストップ&ゴーの繰り返しで消耗することと言ったら。

13:00前門川町内でボトルのドリンク切れてコンビニで水補給、気温がここまで上がると思わずに
ボトル一本しか持たずに出たのが災いしこの後も頻繁に水補給停車を強いられたのもロスでした。

ペース上がらず目標達成がドンドン微妙になっていくなか日向市街地通過。この先特急が止まる街
は高鍋、佐土原、進むより他なくなります(乗り継ぎなど全く考慮に入ってない日豊本線で普通列車
に乗っても特急乗り換えに30分以上平気で待たされます、特急停車駅まで行った方がマシですわ)

片側一車線になり大きめのアップダウンが連続する小倉ヶ浜~美々津の区間が剣が峰かと思って
ました、ここでも信号がいい仕事してくれました。上りで速度落ちても下りで取り戻せばいいところが
下りの中ほど、あるいは下り切った地点に信号、そして漏れなく赤。勢いでやり過ごすを借りる事が
全然できません。

道路脇に太平洋の眺めが見えていくらか爽快な気分になったところで
c0038334_2102460.jpg
13:50頃道の駅 日向到着。

約90km走行、経過時間約6時間。想定ペース1時間半遅れに広がる(これAve15km/hペースだし)
残り60km余、初めての輪行なので余裕もたせて17:30ぐらいには宮崎市内に入っていたいと思って
いたけどこの調子だとかなり厳しいなと焦燥感が湧き始めました。

クルマで宮崎方面に向かう際は日中流れが悪いR10を避けて山の中の広域農道を使って西都経由
で宮崎市内に入るのが当たり前になってるので道の記憶曖昧でしたが美々津大橋を渡れば都農町、
都農神社付近のアップダウン以外ほぼフラットだと思ってましたがこの後も延々アップダウンが続き
あいも変わらず絶妙に信号で足止め喰らうパターンでほぼ心折れました。

時間に余裕は全然ないのにちょっとだけ寄り道して14:20頃東都農駅へ。
c0038334_2102688.jpg
かつてのリニアモーターカー実験軌道とaquaさん。

一昨年から太陽光発電メガソーラーの施設に転用事業を行っていてソーラーパネルが並んでます。
子どもの頃電車から見えるこの軌道に心躍ったものです。

しかし海岸からいくらも離れていない土地、吹きっ晒しなのに軌道を設置、実験するとか今考えると
大分無茶な話ですよねぇ…当時の国会議員さんの利権誘導の綱引きの結果なんでしょうが。ここ
に投じた予算を大分以南の日豊本線の複線化に使ってもらいたかったですわ。

寄り道もそこそこに更に南を目指すも都農町~川南町アップダウンが止まない、帰って確認すると
最高到達地点の標高が239m、ほぼフラットだと思い込んでたけど累積標高480m。アレ?ペース
上がる訳もありませんね。

残り50km切ってから標識に記される残り距離で見るのはちょうど中間点に当たる高鍋までの距離。
完全に心が折れてます。この先の道の記憶が全くないけどこの後ド平坦という事はないはずでもう
上りをこなす気力がない、ギリギリ18:00前後で宮崎に辿り着けるかもしれないけど体力を使い切り
市街地走るリスクも負いたくない。

道路脇に見えたコメリに飛び込んでゴミ袋と布テープ調達、ひたすら高鍋に辿り着くことだけ考えて
脚を動かす。16:00頃高鍋市内に到達、標識を見ると宮崎まで残り30km。現金なもので数字見ると
最悪後2時間頑張ればゴールに設定していた宮崎駅まで辿り着けるかも、と逡巡しましたがDNFを
決断。R10を外れ高鍋駅へ向かう事に。
c0038334_2102889.jpg
あとちょっとを走り切れない悔しさもありながら記念撮影。

駅ロータリー入り口の一旦停止の取り締まりの餌食となり不満タラタラでゴネる高齢者夫婦を横目
に初めての輪行パッキングに取り掛かります。
c0038334_2103037.jpg
出来上がったのはこんな雑な仕上がり(笑)

駅員さんに「コレで持ち込んでいい?」と訊くと『包んでるんだったらいいよ~』と状態を見もせずに
アバウトなお答えいただいて改札通過。利用者少ない佐伯~宮崎間で細かい事に目くじら立てたり
はしませんわな、この区間の輪行の利用者なんて年間何人いる事やら…
c0038334_2103240.jpg
早めに改札通ったもので電車入線まで時間持て余して写真撮ったり
c0038334_2103539.jpg
してたら電車がキタ。
783系でした…客室内に荷物置き場のある787系を期待していただけにちょっと残念。
c0038334_2103710.jpg
そうして車中の人となり所要時間約8時間の道のりを約2時間で戻ってこれてしまう無常さを味わい
ながら帰途につきましたとさ。

走行距離:125km

反省点
・巡航速度
実走行のAveは19.14km/hだったので設定していたペースから大幅に遅れていないもののグロスの
ペースは約15km/h、約150kmのルート完走するには10時間必要だった事になります。休憩を取る
猶予、道中ちょっとお遊びを入れる余裕を持たすにももう少し早いペースで走れる脚力ないと長距離
のライドは覚束ないです。ハイ、朝練に打ち込む他手立てがない精進しろってことですね。

・補給
佐伯から出かけるとどこへ向かうにもコンビニに出くわすまで2時間以上要します。長距離のライド
で必要なこまめな補給を実行するにはあらかじめ十分以上の補給食を持っておく必要、その準備が
足りなかったし摂るタイミングが分かっていませんでした。ついでにいうならどんな気温でもボトルは
ちゃんと2本持って出ないとダメでしたね。(ワイヤーロックを持つためにケージを一つ使ってたけど
カバンかポケットに入れておけばよかっただけです)

・ルート選び
なんとなくザックリとルートラボでコース引いてみてましたが実走してみたら勝手が違いすぎました。
道のアップダウンの多さもそうだけど市街地のみならず街と街の間でも信号が予想以上に障壁に
なった今回、そういう点まで考慮に入れコース選びをしないと時間的にも体力的にもロスが大きい
ですね。

総括すると準備が甘かったの一言ですか(笑)

(この記事は4/13にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2012-04-08 20:59 | ORBEA aqua | Comments(2)
「3月になって暖かくなってきたら朝練開始しよう」という冬の間の決意はどこへやら…ようやく今年最初
の朝練してきましたわ。

自転車乗り始めてからのテーマ平地単独30km/h巡航をこなすを目標に脚力強化が朝練の目的です。
が、人並み以上に朝に弱いのにもってきてやり切れば気持ちいいけどやってる最中はキツいだけそれ
をやるため起きる。それだけでも苦行に近い心境でなかなか朝練やるぞ!と乗り込むことを続けられず
いつまでたってもその境地に到達できず…貧脚は貧脚でしょうがないけど出来得る限り目指したいもの
です。

走行距離:17.44km
平均速度:23.68km/h
平均ケイデンス:85rpm
平均心拍数:160bpm
消費カロリー:476cal

道は遠いですな。
[PR]
by wonder_95218 | 2012-04-05 20:58 | ORBEA aqua | Comments(2)
昨夜も早めに手仕舞いしたとは言えお酒飲んでたので7時に目覚ましセットしてたけど起きたのは9時。
さてどこに出かけようかと考えたけど風の強さと風向き次第だなと先週と同じ方向から吹いてくるので
山方面は止めて空の公園から畑野浦に出て蒲江をグルッと回る事に。

サクサクとこれまでこんなに早く着いたことないなと思うぐらい快調に空の公園の上りの麓まで到着♪
上り始めると道沿いの山桜の木々が満開!「ウハー」とか「キャー」とか叫びながら上ばかり見ながら
上ってたら坂の辛さなんてどこへやら。単純な人間ですわw
c0038334_2048068.jpg
ピークで一枚。

下り切ったところで畑野浦に向かう前に思い返してちょっと寄り道。
c0038334_2048250.jpg
尾浦に下りる坂の桜並木とaquaさん。

畑野浦に出てきてお昼回ってる事に気が付きまた寄り道
c0038334_204891.jpg
加代ちゃんラーメン(ラーメン加代)で軽くラーメン一杯。

見た目も味も物凄くオーソドックス、ある意味今どきあまり見なくなったタイプでした。

わざわざ今日はこのコースを選んだ理由は基本追い風に乗って走れるという目論見だったのですが
予想以上に快調過ぎて道の駅かまえに到着して一思案、体力的に余裕あるしもう少し足を延ばすか…
と夕方にいい加減伸びっ放しの髪をカットしようと予約入れてたの思い出し素直に帰宅する事に。

轟峠の蒲江側のキツいことったらなかった…インナー×ローでダンシングしないと上れない勾配って
初めてだったよ。下りてきてから市内に向かう道は向かい風だったのも計算外だった。

走行距離:60.05km

ファームアップしたGS-SPORT 580Pですが今日はEDGE500も搭載して比較しながら走ってみました。
速度表示や心拍は同じ数値吐いてました(センサー強要してるのである意味当然です)が気温表示
はEDGE500の方が2~3℃高めに出てました。で、懸案の勾配の表示はファームアップする前よりは
ある程度勾配を拾うようになったけどEDGE500ほどほぼリアルタイムに拾ってくれない。且つ互いに
示す数値が全然違う事がしばしば。GS-SPORT 580Pはデータを記録するウェイポイント間の勾配を
測定・表示してるのかな?GS-SPORT 580Pの速度表示が完全に停車して表示が0km/hに落ち切る
まで一定の間があるように表示が遅れるor記録したものを表示してるのではなかろうかと推測。
[PR]
by wonder_95218 | 2012-04-01 21:36 | ORBEA aqua | Comments(2)

本日の自転車記録

朝7時に目覚ましかけてたのに起きたのは10時(ノ∀`)

いろいろ考えてたんですが全部ご破算になっちゃいましたがとにかく先日入手したGS-SPORT 580P
の動作確認したかったので出かけることに。

昨日に続き風は強く心折れそうでしたが帰りは追い風に乗れるんだと言い聞かせてまずは本匠から
宇目へ。千束まで辿り着いた時にはもう脚ないなぁと思いつつ宇目振興局(旧役場)への坂を上るが
全く脚に力が入らずもう帰ろうかなと完全に心折れてる。しかしここまで来たからにはと思い直し先へ
進んで道の駅宇目までなんとか到着。
c0038334_20523654.jpg
時刻は14:30、さてどうするか。腹積もりとしてはこのままR326を下り北川まで行きR10で戻るという
ルートで100kmオーバーの距離を稼ぎたかったが周辺案内図見ると残り距離はザックリ言って60km
余り。今までの走行ペースでもなんとか日が暮れるまでには帰り着けそうだが既に脚は売切れ間近、
R326は下り基調だけどR10の宗太郎峠を上りきれる気がしない。引き返しても結構なアップダウンが
キツいのは分かってる、イヤな二択だなぁと悩んだけれど距離が少なくて済むので引き返すことに。

ネタでととろバス停に寄って帰ろうかなと思ったけどR326から道を外れた途端強烈な向かい風と力の
入らない脚。こんなことしてたらホントにピックアップ呼ぶハメになる、とスゴスゴ引き返しとっとと帰宅。

んあ~疲れた(´д`)
走行距離:89.63km(分かってたけど100km届かなかったお)

GS-SPORT 580Pについてはまた別項で。
[PR]
by wonder_95218 | 2012-03-25 20:53 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

貧脚なりのLSDもそろそろ手仕舞いして負荷かけて走るメニューも取り入れなきゃいけない時期に
なってきてるけどLSDの締めに100km走しようかなと思ってたんですがよく考えると夕方から臼杵
で斉藤和義のLive観に行くことになってたので15時半過ぎには駅に行かなきゃいけない、入浴して
お昼ごはん食べて身支度して…と逆算すると13:30ぐらいまでしか自転車乗る時間の猶予ない事
に気付く。来週以降に持ち越しだわ<100km走。

ということで朝に弱いながらもなんとか布団から這い出し宇目~本匠コースに行くかとR10を南下。
が出がけの天気予報で強風警報発令中とあって向かい風強いのなんの。進まないことこの上ない、
これだけ辛いなら帰りは追い風に乗って帰りたいよなということで本匠に向かう気既になくなります。
R10は日豊本線にほぼ沿っているので走っている横を列車が通過する度「写真撮りたい~」「撮り
逃した~」と薄い鉄分を疼かせてくれます。
c0038334_2163991.jpg
とあるまとめにも載ってましたが佐伯~延岡間はメチャクチャに運行速度遅いのですがさもありなん
ほぼまるっと宗太郎峠を越えて行くのですから。その脇を「アラ、あんな高いところに線路があるわ」
と眺めてたら
c0038334_2164258.jpg
こんな感じでカーブ二つ三つ上っていくと
c0038334_2164538.jpg
既に線路が下にいるというわけで「ダラダラした上りのようで結構勾配あるのね」と実感したりします。

ピーク越えて重岡駅を通過すると楽しい下り~と7kmほど下って目的地到着♪カメラ取り出した途端
c0038334_216472.jpg
さんざ撮り逃げした不運の埋め合わせのように列車入線(^o^)
c0038334_2165022.jpg
列車を見送りお約束(?)の画を撮って。

天国と地獄と言えば運行速度もさることながら佐伯~延岡間の各駅停車の普通列車は
c0038334_217097.jpg
日に上下各3本…
c0038334_2165223.jpg
のためかその筋の方には秘境駅として有名なんですね(知らなかった)
c0038334_2165525.jpg
c0038334_2165773.jpg
こういうのは誰が残したのかな?
c0038334_217257.jpg
c0038334_217572.jpg
c0038334_217732.jpg
鉄分薄いのでこういうとこに来た時その筋の方を満足させる画というのがどんなのかよくわからない
ので物足りないかもしれませんが…

7km下ったという事はその分上らないといけないということ…麓まで下りるともう少し距離とれるけど
近辺の上りって2km~4km程度なので長い上りで坂耐性付けるにはよいかもねとエッチラ上る。

あとはひたすら下り基調&追い風効果でバビューン(当社比w)

往路に要した時間から11時に折り返せばちょうどよい時間に帰り着くと踏んでたのですが予想以上
の効果を得られたためか予定より1時間ほど早く戻ってきてしまいこれなら本匠に回ればよかったな
とちょっと後悔。

走行距離:68.72km
(この記事は3/12にさかのぼりで更新しています)
[PR]
by wonder_95218 | 2012-03-11 21:06 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

金曜日になってようやく今日休めることになりなんとか天気になってくれよぉと祈ってたわけで。
昨夜の予報では降水確率10%ということでまず雨はないだろうと早めに就寝、やや寝坊したが
8時過ぎに起きれたのでまずまずかと外を見たら雨。なんで?30分おきぐらいに外を見れども
なかなか止まない、ジリジリしながら東京マラソンを見てると11時頃ようやく止んだ!ある程度
路面が乾いたら出発するかと軽く食事して12時半頃から支度にかかる。

低い雲が垂れこめる感じではないけれど切れ間はないし山の方に向かえばどこで降られるか
分からない、一応その覚悟だけはして走る事にするとしてバタバタ出かける。先日買っておいた
ワンセコンドHCA飲むの忘れた。金曜日に自転車で集金にまわる時に使ったフルフィンガーの
グローブは今朝洗濯したばかりで乾いてない、諦めて指切りのグローブを使うことに。ビミョーな
気温で置いてきたトゥカバー無いとやっぱり足先冷える。なんか出だしから踏んだり蹴ったりだ。

当初の予定ではR10を下って重岡駅を往復するつもりだったのだが年度末名物大して必要とも
思えない場所の舗装工事で片側交互通行区間に出くわしたのだがご丁寧にこのクソ遅い貧脚
自転車乗りが通過するまでキッチリ対向の自動車たちを待たせてくれてるのよ交通整備が…

さすがにR10を往復して復路でもクルマ堰き止めるのは申し訳ない気が退けるので宇目~本匠
に回る事に。天気を考えるとあまり時間をかけたくないので林道使って千束まで一気に上る道を
選んだわけだが地元界隈の下りで一番恐ろしいと言って差し支えない坂、逆に上ればどうなるか
分かってたけどマジ死ねた。知ってる自転車乗りはR10はクルマが多いし緩い坂を延々上るだけ
どこに行くにも遠回りになるからイヤこっちの坂の方がイイと口を揃えるけどあたしは次回からは
遠慮したいかな。なんとか上りきったけどさ。

千束まで出て細かいアップダウンを乗り切ってしまえば後は楽しい下り~♪虫月のバス停を過ぎた
あたりでメールの着信があったので因尾でいったん停車。ちょこっとツイートし今日は写真撮って
なかったのでなんということはないけど一枚。
c0038334_2027172.jpg
このあたりは道が広いけど本匠は集落がポツポツあってそこ以外は基本林道みたいなもの。

因尾から小半へ向かう途中RadioShackジャージ纏ったTrek乗りさんにパスされる『こんにちは』
と挨拶されて咄嗟に出た言葉は「お疲れ様で~す」って向こうは涼しい顔で去っていく疲れてるの
私だけじゃん(笑)追い縋ろうとしたけど徐々に否スルスルと離されていくこの悲しさ(爆)Slowしか
ないけど私なりにLSDなんだからペース崩してもしょうがないと言い訳して視界から消えていくのを
見送る。

林道の上りが堪えたか下りで調子に乗ったせいなのかこのあたりから右膝が痛みだし末端冷え性
なのにグローブもトゥカバーもないので指先足先が凍みるようになりあいも変わらずヘロヘロになり
帰宅。せめて装備だけはちゃんと整えて出かけなきゃなぁ。
c0038334_2027326.jpg
走行距離:60.73km
[PR]
by wonder_95218 | 2012-02-26 21:20 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

今日は午後から出勤。

先週の日曜はビミョーな空模様を睨みつつ結局自転車乗らずに終えてしまったのでなんとしても
乗っておきたい、時間の猶予は2時間半~3時間といったところ。宇目~本匠に行くと3時間半軽く
超えるし空の公園だと2時間程度、蒲江一周ならちょうど2時間半程度だよな!ということで出発。
c0038334_2053539.jpg
道の駅 かまえにて

心拍数やや高めながら快調だったのはここまで。畑野浦方面へ向けて走りだした途端向かい風、
リアス式海岸沿いの道なので風が追う時があってもいいはずなのにそれもなし。僅かに楠本付近
で山陰で風を受けずに走れたけど集落を出た途端また風にさらされる、使ったギアとケイデンス
を換算すると4~5%の緩い上りを延々もがいてるのに等しい状態。

畑野浦~木立の峠に差し掛かった時には完全に脚売り切れ状態。麓から上り始めてすぐに感じる
上りきれる気がしない感、上り始めてキツイー足着いちゃおうか押して上がろうかじゃなくて大腿筋
にもハムにも力が入らない全く足が動かない状態。ピックアップ呼んでやろうかなとマジで思った(笑)

虫の息で上ってたら道路工事で片側通行止め・交互通行の信号に引っかかって僅かながら休め
なんとか上りきれた。山を下ってこの後は下り基調だしなんとかなるかと思ったらこれも向かい風。
死ねた。なんで海側走るの止めとこうと思ったのか身をもって再確認して出勤…まだ脚ガクガク、
膝ビミョーに痛いし。

走行距離:49.81km
[PR]
by wonder_95218 | 2012-02-12 21:20 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車記録

先々週ようやく冬用タイツにパールイズミのブライト タンクトップ タイツを購入。
勇んで乗ろうと思った先週の日曜は思わぬ体調不良に見舞われ初投入は今日まで持ち越すことに。
c0038334_2034551.jpg
前回走った本匠~宇目の道が気に入ったので今度は宇目~本匠に向かってみることに。
c0038334_204066.jpg
(R10~県道39号~県道53号~県道35号)
c0038334_2093645.jpg
前日の予報では最高気温11℃だったがEdge500の気温表示は14℃ほどR10の山の中の温度標識
では12℃。日中は思った以上に暖かかった。
c0038334_2095050.jpg
山の中でも日当たりのよさそうなところでは既にスギ科の木々がアップ中ヒィー(((゚Д゚)))
c0038334_2010052.jpg
頻繁に凍結すると見えて鮫肌になった舗装のせいでトラクションかからず前回ヒイコラ言った上った
坂も下っていけばあっという間。代わりに頭が冷え過ぎてキリキリ痛むので撮影も兼ねて休憩。

その後本匠振興局あたりで来たところで走行距離見ると真っ直ぐ帰ると70kmにやや満たないぐらい
時間的にも4時間超えるぐらい乗っておきたいので県道608号~R10~市道~県道35号を1周挟む
ことに。市道の入り口あたりで消費カロリー1000kcal軽々越えてたので念のためメイタンCCCを摂り
再出発しようとした途端左足中指が攣りそうな気配、慌ててペダルを外しストレッチ。走りだすと強烈
に向かい風が吹きつけてこの辺で心折れかけ、ショートカット企んだ道が行き止まりで完全に気持ち
切れて来た道を引き返しそのまま帰宅。

走行距離:74.21km
[PR]
by wonder_95218 | 2012-01-22 20:47 | ORBEA aqua | Comments(0)

本日の自転車

三が日の間ぬくぬくとしてたと思ったら仕事始めの4日から冷え込みがきつくなり「なんのトラップだよ」と
ブツクサ文句言っていたのですがこの週末はそれも緩み「これで休みの日曜は自転車乗れる」とほくそ
笑んでました。人間って都合のいいものですね(笑)

さて自転車初めは空の公園に向かいましたが今日は戒めに従い山方面。グルグル周回するかと思った
けど気が変わって本匠~宇目~直川と足を延ばしてみることに。

まずは途中で大水車をパチリ、のつもりが肝心の水車に木が被ってる(゚Д゚;)
c0038334_21222954.jpg
エッチラオッチラ進んでいくと『山崩れ全面通行止め』の看板が…∑(・ω・ノ)ノ
道端にいたおばちゃんたちに「通れる?」と訊くと「農協の前が崩れとるけど人は通りよるけんな自転車
担げば通れるわ』ということなのでそのまま進むと思ったより派手に崩れてるけどなんとか担いで抜ける。
なんのシクロクロスだ!?

クルマでも久しく来てない道を思い付きでコース設定したから朧気にしか道覚えてないし距離感ないから
精神的にキツかったけどなんとか宇目に出ると途中から湧いてきた雲の切れ間から射し込む陽の光。
c0038334_21224444.jpg
こういうのが見れると気分も変わる、っと気温が下がり始めてるし休んでると身体冷えるし動かなくなる
前回同様の装備で走ったけど流石に15時まわると気温下がり始めるし動いてる間は体に冷えを感じず
とも足先は冷たく感じるしフルフィンガーのグローブじゃないと指先も徐々に感覚鈍る。
指切りのグローブで走りだしても平気な環境にいるってのはある意味恵まれてるんですがね。さすがに
帰宅後はお風呂に直行しましたwww
c0038334_21225934.jpg
冬場頻繁に凍結するとみえる舗装表面の荒れたところはトラクションかからなくてホント嫌いです。
途中サドルに手を遣り確認したら微妙に左に落ちてた、知らないうちにヘンな癖がついてるみたい。気を
つけようっと。

走行距離:61.07km
[PR]
by wonder_95218 | 2012-01-08 22:00 | ORBEA aqua | Comments(0)