アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:Audi TT Roadster( 2 )

阿蘇 野焼き

ということでC5 BREAK乗りと出かけてきました。

私としてはこのあたりにでも行こうかなという腹積もりはあったのですが迎えにいって
ハンドル渡してしまったら行く先は運転者任せ、あてもなくフラフラと漂ってきました。

竹田から波野・高森・白水と山を縫って阿蘇五岳を見ると山から火の手が、野焼きの
季節です。

コリャ面白いから登山道行って見ようとしたら全面通行止めスゴスゴと引き返し仕方
ないので熊本市内へ向いラーメンを食べて菊池方面から竹田へ戻る。

とミルクロードでもやってました、何度かシャッターチャンス逃しなんとか一枚。
c0038334_22131058.jpg
見ようによってはTTが火を噴いたように見える?(笑)

まぁ人任せでブラブラしてきたので途中いい感じの風景やらあったのですが停めて
撮影したくてもサーッと通り過ぎちゃってたりして歯痒いやらもどかしいやらでしたが
そのへんは今度C4で行ってみる事にしますか。

ともあれやっぱり乗り心地はヒドイですなぁ、はじめのうちは気にならなくともとばす
わけでもなくタラーッと流しても2時間過ぎる頃から苦痛になりました。まるっと1日
付き合うのはちょっとした拷問ですわ、竹田で温泉に入った後の帰り道は不快感で
2人とも無言でしたから...2シーターで終始無言は相当気まずい空気ですよぉ(笑)

帰ってきてクルマから降りても軽い脳震盪というかパンチドランカー状態でなんだか
アタマがボーッとします...

本日の小ネタ
c0038334_22133421.jpg
年度末お馴染みの別にやらなくても良さそうな道路工事。

路面補修は『傷んだ舗装を強くする』?なんか日本語の響きに違和感が...
[PR]
by wonder_95218 | 2008-03-16 22:43 | Audi TT Roadster | Comments(0)

んなわきゃない

車検年だしと物色してたら高年式で新古同様の個体を発掘したのでお乗り換え、ではなくて。
車検前だと買い換え検討していないとハッキリ表明してても当選するだろうと謀って申し込んだ
Audi TT 5 days Monitor Campaignに当選したので借り出してきたわけでございます。

「勝手に名変したり担保に入れたらダメよ、事故したらコレコレのペナルティーね」という念書に
サインして準備されてたクルマに対面したら『ハイどうぞ~』と呆気にとられるほど手続きらしい
手続きもなくスンナリ貸し出し、や~正味向こうのディーラーさんもイヤでしょうねぇ500万級の
クルマをあからさまに買う気ないこんな若い(?)のに貸し出すのは(^_^;

さて走り出してからどの程度の距離こなした車両なのかなと慣れない計器類からオドメーター
探し出して見てみたら940km程度のほぼ新車でやんの。

とまれ大分から帰ってくる間にどんなもんかいなと探りながら走ってみて結論、こりゃ手強い。
というか手に負えないので事前にお願いしてたワッツさんに試していただく事に。

と昨晩運転席と助手席で併せて150kmほど走らせてのカンタンな(?)インプレッションを。

まずはサイズが...デカイ。横から見ると全長4mそこそこなので分からないけれど前あるいは
後ろに周って見たら全幅1840mmはシャレにならないぐらいデカイ。駐車場に入れてみたら
ピッチピチ、隣のPicassoが1830mmあるのでホントにカツカツに詰まります。

車体がデカけりゃドアもデカイというか厚い、そしてサイドシルも分厚い、乗り降りには若さが
必要です(笑)冗談はさておきキッチリドアを開いて乗り込んでるのになんか窮屈なのは丁度
タイムリーにsavoyさんがお書きになられているようにドアの開口とシートの位置の問題なの
でしょう。そのシートは素晴らしいっ!適度にルーズに座ってOKなC4のシートと違いカッチリ
座る事を要求するけれど座り心地・サポートとも文句つけるところがありません。

走り出しまず「ん?」と思ったのがオルガン式のアクセルペダル初体験だったのですが1.5t
の車重のせいかSトロニックの半クラ制御の問題かブーストが立ち上がるまでのラグなのか
電制スロットルの設定か、ペダルの踏み込みにリニアな感じがせず動き出しが重いというか。
交差点を曲がり直進に戻す最後の瞬間にヘンな反力を感じたステアリングの手応え。車体の
挙動とステアリングを通した感覚が一致せずなんか気持ち悪いなと後で調べたらみたら電動
パワステだったんですね。

市街地をノンビリAUTOモードで農道をMモードでソコソコ踏んだ後助手席で実力を味わった
感想をまとめてみると。

AUTOではSトロニック(=DSG)もトルコンATと大差無いしエンジンもことさら主張してこない
ので安楽そのもの。ラフにアクセル踏み込むと低い速度でも即ESPが介入するのでそこだけ
要注意ってとこでしょうか。

Mモードに切り替え2・3・4速を中心に走ると一転ノーマルでこんなイイ音するのってな快音と
ともにターボらしいトルクが押し寄せグイグイ路面を掻きむしる速さに感覚がついてきません。
Sトロニックについては期待しすぎだったかな。なるほど今まで体験した2ペダルMTの中では
バツグンにスムーズだしショックも少ないけれど巷で言われるほど驚速のシフトチェンジって
ほどでは。

ブレーキに関しては絶妙というか素晴らしい利き、たまたまあっちょっと止まりきれないかもと
思った一旦停止にペダル踏みつけたらブレーキ余っちゃいましたわ(笑)

どう評価していいのか難しいのがアシ、まずロールを極力嫌うコーナリングの姿勢も違和感が、
225/45 R17のタイヤを履いてる割には乗り心地イイというか強烈な突き上げはないけれど
C4 VTSもそういう傾向なので平気といえば平気ですが固いというかコツコツ凹凸を拾い剛性
の高さ・巧みに遮断したハーシュネスが最終的に人間に全部押し寄せるようで荒れた路面を
長時間乗ってると少なからず堪えます。

いつぞやCGTVで206ccを取り上げてた時フロントウインドーに取り付けてたカメラが振動で
ブルブル震えててなんじゃコリャと笑わせてもらいましたがコヤツはガッチリとしてミシリとも
言わないというか。その代償としてAピラーの太さは尋常ではなくでもってサイドのウインドー
のラインが高いので見切りが悪いというか感覚的な取り回しが非常に悪い。とりあえず車庫
入れは幌を開けてから(笑)

こんなとこですかね、長々書いてるうちに頭の中がとっちらかってきたので筆を置きますか。
ワッツさんのインプレッションほどはどっちにしろ書けっこないし。

最後に燃費、明日は今度はC5 BREAK乗りとちょっくら出かけてくるのでそんなに減ってる
訳ではないけれど満タンにしておこうと給油したところ約13.1km/l(!:満タン法)ほぼ新車
なのに手心加えない運転してこれですから相当優秀。給油にまつわり最後にネタを
他の部分が値段に相応しい(?)仕立てなのになんでココだけこんななんだろう...

昼間撮影したのですがソレは明晩にでも写真館の方にUPいたします
[PR]
by wonder_95218 | 2008-03-15 23:45 | Audi TT Roadster | Comments(4)