アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

日南『観光』ドライブ 後半

さて長いこと間が空いてしまいましたがようやく続きを。画がてんこ盛りになっておりますので
なんとかついてきてくださいませ<(_ _)>

サンメッセを後にして訪れたのは飫肥

地道にやっていこうと思っている小京都巡りも気がつけば知覧に始まって山口に続いて
4つ目になりました。という至って私的な感慨はさておき、国道222号に入ってしばらくすると
c0038334_205917.jpg
橋の袂にこんな石碑があってそこから町並みは一転。
c0038334_20591175.jpg
c0038334_20591817.jpg
本町商人通り
c0038334_20592577.jpg
バス停まで町並みに合わせてここまでシンプルにしなくても...目立たなすぎです。
c0038334_20593193.jpg
大手門通りに入って小村寿太郎の生家跡を訪れてふと隣の敷地を覗くとなんだか小奇麗な
お宅が...民家かなと思ったらこちらが旧山本猪平家。
c0038334_20594262.jpg
c0038334_20594822.jpg
完全な復元もしくは保存というわけではないのでしょうがこんなところにもタイルをあしらって
粋な感じだけどやっぱりお金持ちのお家なのねという感じ。
c0038334_20595441.jpg
母屋から見る中庭、お庭についてはちょっと色々言いたい事があるのですがその辺のところ
はまた後ほどに譲ります。

それにしても携帯だとやっぱり色飽和が激しいなぁ...

明治時代の豪商の邸宅ということで瀟洒なお宅、部屋数多いしなかなか大きな建物ですが
なんというか大きなお茶室といった趣が。
c0038334_210044.jpg
けれど厠がこうなところがやっぱりお金持ちの趣味なのかしら?凝りすぎです(笑)

さて大手門通りをお城へ向って上って行きますがまだその前に寄る所がというかどうしても
飫肥に行きたかった理由となる場所が。
c0038334_2184073.jpg
豫章館
c0038334_2184925.jpg
私、ここの庭が好きなんですよ。
c0038334_2185883.jpg
c0038334_21441866.jpg
こちら飫肥はこのあたり一帯の政治的中心だったそうでまた材木など商業的に栄えていた
からか石高5万1千石の小さな藩の割にかなり豊かだったのでしょう、お庭の大きさも相当
です。

さて知覧をご案内いただいた際にcyranoさんとちらとお話させていただきましたが飫肥の
お庭もなかなか独特です。蘇鉄や南天が主木となり植え込みにシダなど南国風な樹木が
ふんだんに使われてるのが特徴的。cyranoさん『貧乏藩だったから借景ですます』とよく
おっしゃいますがこちらも借景ですよ。
c0038334_21103266.jpg
そして裏にまわると離れの数奇屋がこちらは一転京風な趣。散策してみましたがこの眺め
がいちばん印象的だったかなぁ。

さて入城。こちらのお城跡ですが...本丸跡を筆頭にとにかく杉がミッシリ植えられてまして
花粉症な私は春を思うとゾッといたします。
c0038334_21125686.jpg
c0038334_2113452.jpg
そんなわけで松尾の丸を覗いて城内でチョコッとお遊び撮影。

続いて横馬場通り(武家屋敷通り)を抜けて旧伊東伝左衛門家へ。

一眼携えた方が表をパチリと撮って立ち去りましたがもったいない事を...こちらのお庭も
なかなかなのに。
c0038334_21201420.jpg
c0038334_21202362.jpg
補正しても(したら?)色調イマイチなのですがこれが一番借景の分かりやすい画だと。

そして一通り散策したところでと、こちら『駐車しちゃダメよ♥』と標識はあるもののクルマの
乗り入れ自体は禁止されてない模様で...ならば駐車じゃないよ撮影のための停車だもん
と勝手な理屈でクルマを取りに行きましてと。
c0038334_2235354.jpg
振徳堂
c0038334_21203281.jpg
小村寿太郎生家前

さてひとしきり散策した後は国道220号、日南海岸に戻り鵜戸神宮に(とことんベタだなぁ)
こちら鵜戸神宮といえば
c0038334_2284637.jpg
運玉(5個100円)
c0038334_2285448.jpg
境内の海岸にある亀岩に願いを込めながら投げ窪みに入れば成就すると言われてますが
男性は左手、なのです。距離はそんなでもないけど小さな素焼きの玉ですので風の影響
も受けるのにサウスポーでもなければハードル高すぎです。

1セット目はかすりもしなかったので悔しいのでもう100円投下...私の願いはひとつとして
適わない模様です(笑)

参拝を済ませたあたりから雨が落ち出しまして看板に騙され連れて行かれた山越えの遠い
駐車場に停めていたのでそそくさと退散、西都の入船でうなぎをいただいて帰宅。
[PR]
Commented by しらの at 2007-10-23 21:45 x
小村寿太郎といえばヴィッテ?
というか、良い趣味ですよねえ、小京都めぐり。ぜひご当地ナビに!!
Commented by wonder_95218 at 2007-10-25 21:39
しらのさん
>ヴィッテ
ってナンジャラホイ?某T社の小型車のタイプミス!?とぐぐって
ようやく分かりました...世界史に暗いもので(笑)

>小京都めぐり
火をつけたのはしらのさんにご案内いただいた知覧ですから。
九州の小京都って他にも聞いた事あるぞ?と調べたところが
発端でしてまぁ近場にいくつもあるならということで趣味という
よりドライブの目的地考えないで済むのでネタとして確保って
ところですよ。
by wonder_95218 | 2007-10-21 00:08 | CITROEN C4 | Comments(2)