アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

水前寺に行ってきました。

それは昨年、cyranoさん知覧の武家屋敷に行った後のことこんな雑誌が発売されまして
つい購入したのがきっかけでございます。

週刊日本庭園をゆく 九州・沖縄の名園

一緒に掲載されていたのが水前寺成趣園(通称:水前寺公園)。思い返してみると熊本には
年に何度も行くのに小学校の修学旅行以来一度もいったことないなと、これはひさしぶりに
行ってみたい、でもどうせ行くなら緑のキレイな時期に行かなきゃ。などと思いながら延ばし
続けたわけで。

c0038334_22565022.jpg
市街地ど真ん中に立地しているためまわりを背の高い建物に囲まれてましてガイドブック等
の写真を見ても必ずなにかしら建物が写り込んでおりなんてヘタクソな写真を掲載するんだ
と思っていたのですがこれはどうしようもないのだなと現地に行って納得。どうせなら外周の
木々をもう少し上方向に繁らせて遮ってしまえばいいのにと思うのは素人考えなんでしょうか
ね。
c0038334_2257531.jpg
富士山を模したという築山、これを中心に東海道五十三次を表したという要は細川の殿様の
国許でのお慰みなのですがそれにしてもあまりにスケールが大きすぎるのはご愛嬌といった
ところでしょうか。現在でも維持のためにほぼ毎日手入れが欠かせないそうで物凄い労力が
払われています。
c0038334_22574199.jpg
c0038334_2258192.jpg
回遊式の庭園なのでグルッと回っていると表情も色々です。
c0038334_22572835.jpg
細川忠利公像。
肥後細川家初代、なのにどうも加藤清正に較べ影が薄いというか...江戸時代のほとんどの
期間を統治したのは細川家であり所縁の史跡・遺物も多くあるのに現代取り沙汰されるのは
清正ばかりな気が。こういった像もほとんど見ないですよねぇ。

この日は最高気温34.4℃ととにかく熱く暑く庭園を散策するだけで汗ダラダラ、タバコの箱
も汗を吸ってベロベロに。そういえばこちら水前寺公園、近頃の観光地には珍しくちょっとした
木陰にベンチ、そして灰皿が備え付けられておりまして...少し歩いては辛くなったら庭を眺め
涼みながら一服となんとも優雅でゼイタクな味わい方をさせていただきました。
c0038334_22582870.jpg
そんなベンチのひとつでは黒ネコさんも涼みながらウトウトしたり毛繕いに精を出したり。
c0038334_22584096.jpg

門前の土産物屋のひとコマ。どう好意的に受け止めてもそうは言い得ないのに民芸品と言い
張る全国どこの観光地でもなぜか販売される木刀、文字をネジ止めとネタバレしちゃう表札、
全てが間違いさがしのような様相...

夏目漱石の旧宅などもすぐ近くにあったのですが暑さで消耗しきってしまったので断念して
ラーメンを食べに、大黒ラーメンが店を新築してから・みなさんのおかげでしたで紹介されて
から年々味が落ちてる気がしてましたが最近はもう...というのがうちの父親と共通の見解。
ということで今回は黒亭に(考えてみればこっちの方がアクセスもかなりラクなんですよね)。
c0038334_23565262.jpg
チャーシューメン(820円)美味し。

その後市街で知人のお店2軒ほど(いつものようにコッソリ)見学し帰り道に友だちが出場
するナイターの草野球を応援して帰宅。



創業40余年、老舗熊本ラーメン秘伝の味 黒亭ラーメン(4食入)
[PR]
Commented by しらの at 2007-07-31 21:48 x
熊本には最近ちょくちょく行っているのに、ここは未踏です。
こんなになってるんですね。やはりとにかく借景ですます
貧乏藩と比べて豪華だなあ。
夏目漱石の家はhttp://blog.goo.ne.jp/cyrano_gascon/e/98bb933da980a99e30a395cce1f7ec4a
にあります(笑
知覧も懐かしいですねえ^^
Commented by wonder_95218 at 2007-08-01 22:06
しらのさん
市街ど真ん中からは少し外れてますからね。

>漱石の家
え、拝見してました。が水前寺の庭の真裏にもあるのですよ、
良さ気な洋館と並んで。確か引越し魔だったんでしたっけ?
漱石って。熊本市内に3つあるそうです。
by wonder_95218 | 2007-07-30 22:56 | 駄文 | Comments(2)