アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最近の報道に思うことアレコレ。

例の臓器売買移植問題・病気の腎臓を移植に使用した問題の〆コメントに多く発せられる声、
移植待ち患者が多いこと・こうした問題の再発を防ぐために『広く一般の提供の推進を』『臓器
提供意思カードの周知・活用を』

こんな正論(?)ぶったところでなんにも変わるわけないと私は思うわけで。

そもそも日本人の精神的風土・『生と死』の社会的意味とそぐわないのですから。

遺体を神聖視する日本人にとって例え意味のあることだからと言われてもそれを弄られること
は遺族にとって受け入れ難い所業であることは明らか。まして脳死を『死』と見るのかという点に
ついてはいまだに議論がつくされた上で成り立っているとは言い難い。

臓器移植法からして泥縄的に成立・行されたわけでこういった風潮・概念に対する論議は置き
去りにしたものであったのだから実行の線引きしたにしても提供する側の『任意』の部分に踏み
込めなかった点で半ば意味を失っていると言えると思います。

更にカードにしても遺族が提供を拒否した場合は不可となるわけで結局日本人にとっての『死』
という前提条件をクリアしていないのは同じことです。

このような状況下で臨終あるいは脳死判定が出された直後に臓器提供を持ちかけられたとして
承諾する日本人は限りなくゼロに近いと思います。

日本のマスコミにおいてTVと新聞は密接な関係にあり一部雑誌も然り、そこでキャンペーンを
はってこの議論を推し進めた上での意見であれば耳を傾ける余地もありましょうがわかってる
のかわかってないのかもあやふやな解説員やコメンテーターの一個人の意見だというとしても
あまりに稚拙で上っ面を撫でたような、通り一遍の発言は私の心にはなにも届きません。


もはやヒステリーとも言うべき嫌煙権の主張を後押しするかのように健康増進法をもって国から
も迫害を受けるようになった喫煙という行為の裏で絶対にもっと深刻で蔓延してるはずで誰も口
にしなかったアルコール依存症の問題に先日の報道ステーション(だったかな?)が切り込んで
いたのをチラ見しました。

公式にアルコール依存症としてカウントされている患者数はおよそ80万人、ということでしたが
私はこの数字は氷山の一角にすぎず確実にその倍以上はいると睨んでいます。

アルコールに限らず薬物依存の治療は患者本人が治療を望み同意しない限り医師が手を下す
余地がないわけでそういった治療を拒否した人たちはこのカウントに乗っていない。また現実の
社会的に生活的に影響を及ぼしていないがために本人あるいはまわりの人間が依存症である
事を認識していないケースというのはもっとあると確信しているからです。

乳幼児など飲酒が認められていない人口構成員を除いていってフィルターをかけた場合成人
人口にに対する依存症患者の比率というのは結構バカにならないと思います。さらに日本人が
民族的に下戸である点を考慮すると全く飲めない人間もいますからそれを考慮すると飲酒する
人間のうちの依存症となるとこれは本来なら社会的に大問題になっててもおかしくない筈だと。

なんでこれを誰も指摘しないかと言えばひとつは『アル中』というと手がぶるぶる震えていた人
がキュッと一杯飲るとピタッと止まるとか「サケ持って来い」なとど暴れるとかいうイメージが定着
してしまっているから、よ~くまわりを見てみたら依存症までいってなくても水際ギリギリな人は
たぶん確実にいますよ。

そしてマスコミは酒造メーカーは一大スポンサー、バンバンCM流してる手前槍玉にあげるわけ
にもいかず国にとっては愛飲家の顔色伺いながら税率設定するように貴重な税収減でこれまた
悪し様に論うわけにいかない。だから煙草と諸疾患の関連については真偽が怪しくなってるもの
もあるのに克明にデータ並べ立てるのにアルコールの身体的影響に関しては口を閉ざしている
から。

この件は本当は突っついたら相当ややこしくて面白いことになるのになぁと遠吠えしつつだから
なんだと言われても出てこないわけですが報道を見て持論を開陳させていただくことに。




煙草の件にも触れたからということで今週の週刊ポストにWTOが握りつぶしていた受動喫煙の危険性に対する研究結果のデータという記事がありましたが。2年ほど前でしたでしょうか文藝
春秋に似たような内容が掲載されてたのも読みました。

まるで喫煙者は人にあらずといった迫害を受ける昨今、日本で言われる喫煙と諸疾患の関連性
の根拠となっているデータが最新の研究において続々と覆されているのに無視され続けている
この無情。

嗜好品に分類されながら合法のドラッグでありながらのこの矛盾に憤りを覚え、そもそも『健康
増進』なんていうのは個人の領域で云々すべきものと思うところに国がとやかくいうことが腑に
落ちない思いなのです。だからといってこれを逆手に喫煙者が大手を振ってなにをしてもいいと
いうつもりは毛頭ございませんがね。
[PR]
by wonder_95218 | 2006-11-09 01:13 | 駄文 | Comments(0)