アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ZXでおでかけ。

今朝はまずはグリスがベッタリな運転席側サイドウインドーを食器用洗剤でキュキュッと洗う。
すすいできれいな布で乾拭きすればスッキリクッキリ♪これで一応の視界得られてひと安心、
ってウェザーストリップに附着してる分までは手が回らないので窓を開けちゃえばまたベッタリ
なんだけど、封印しておくことで消極的ながら対処といたしましょう。

さてと代車を借りたらドライブに出かけてしゃぶり尽くしてからお返しするのが私の流儀(^_^;
お昼になっちゃったけどどこかに出かけよう...どこも思いつかないorz

気の向くままということで見切り発車、とりあえず『いつもの山坂道(C)三本和彦』走りながら
考えるか、と国道10号を南下。

結局延岡市内に入り昼ご飯もまだだったので珉珉にやきそばを食べに。
前に『時期によって餡の具が違う気が』と書きましたがやっぱり間違いありませんでした。今日
はいつもの豚肉・烏賊・キャベツ等のほかにオクラと茄子が。いずれにしても美味でした(^o^)

食事済ませて店を出て14時にもならない時間だしさてどこに向おう...温泉に入りたいしここは
高千穂に行ってベタに観光してみよう!とそのまま国道218号を辿ることに。

禁煙の車内でボチボチ一服したいなぁと普段なら道の駅 青雲橋に停車のところをちょっと捻り
途中これまで何度も通った道ながら一度も立ち寄ったことのないこちらで小休止。
c0038334_23232145.jpg
天翔大橋(宮崎県日之影町)
詳しい解説はLink先に譲りますが諸々日本一な橋だそうで...
こういうモノは歩いて渡ってみなきゃ分からないので歩道を行きます。
c0038334_23314040.jpg
下を流れる五ヶ瀬川の川面との距離はシーガイアのタワーと同じだとか...高所恐怖症じゃない
けどちょっとゾワゾワッとするいやぁな高さです。まぁ橋自体が剛体なのでクルマが通るたびに
フワンフワンするフツーの橋に較べればマシなんですけど。
c0038334_23355468.jpg
クルマ停めこむスペースがなくて駐車場はちょっと遠くてアレなんですがまぁお約束の1枚。
(しかし最近角島大橋やら錦帯橋やら...わたしゃ橋マニアの気があるのかいな、たぶんあるな)

さて高千穂に。これまた何度となく来てるのに実はちゃんと観光してない歩いてない、この際だ
というわけでまずは天岩戸神社へ。(来歴は日本神話を少しご拝読あれ、まぁ天孫だなんだと
言う割になんとも人間臭い神様方でクスリとぐらいは出来ますので)。
c0038334_2347762.jpg
鳥居の脇でなにやら参拝者の方が写真撮ってらっしゃるので見れば石。その横にある解説を
読むとこれがさざれ石。(石灰質の石で雨などで溶け出すと強粘性で周りの石を抱き込んで
いくんだそうで石自体が太ったり成長するわけではないんですな)

c0038334_23555534.jpg
本殿(西本宮)。
八百万の神の国といえどさすがにそんじょそこらの神社とは違って厳かな空気に満ちてます。
ホントは撮っちゃいけないんだろうけどこっそり撮影。

天照大神がお隠れになった天岩戸は神域ということで足を踏み入れることは出来ませんが、
申し出ると対岸まで案内していただけるのですが宮司さん見当たらずどこに申し込んでよい
やらわからず果たせず。対岸までということで岩戸は川原にある模様。てことは岩戸の前で
宴会やって天照大神の気を惹いたということだけれどそんなスペースがあったのか疑問が
浮かぶんだけど...

ちょっと足を伸ばして天安河原にも。
川原に沿った歩道を歩いて着いた先はなんとなくおどろおどろしい窟。こちらは暗くて撮れて
ませんでした。こんな暗いところで相談しなくてもねぇ...

一時間ほどかけて参拝してさて次はさらにベタに高千穂峡に足を伸ばしてみようかと思ったら
パチパチ撮影したから神様がお怒りになったのか突然ホントにバケツを引っ繰り返したような
大雨が。携帯で天気予報見ると曇りとしか出てないけど空を見ると濃い雲がかかり切れ間も
見えない、当分止むような感じではない。

ここまで降り込められたらもう観光どころじゃないなぁと言うことで諦めて温泉にでも行くかと
這うようにして高千穂温泉に。が、駐車場に空きが見当たらない。建物から離れたところには
あるかもしれないけれどこの雨ではそんなところに停めるのは億劫でしょうがない。

天岩戸神社の近くに天岩戸温泉てのがあるけどこっちは沸かしててしかも劇熱の湯で食指
動かないしこりゃもう撤退だなとスゴスゴと引き返すことに。といえど歩いて汗まみれの体の
ままというのはどうにもガマンできずに結局さいごう温泉「美々川」まで余計に走ったのですが
(^_^;

ちなみにZXにはハイオク指定なのに貸し出してる間にレギュラー入れられそのままになって
おり「ハイオク入れとくわ」と社長に言うと『だったらギリギリまで空にしてからにして』とお言葉
いただいてたのですが...燃料計の針が勾配やらロールやら挙句は加減速ですら液面が動く
度に律儀に上下するのでいったいいまどれぐらい入ってるのか全く把握できないややこしい
シロモノで。

昔家にあったクルマがこの手の燃料計でしたが慣れていればだいたいどのぐらい走れるか
見当つきますがそんなの全然知らないままに、というかタンク容量すら知らないんですけど
な状態で乗っただけにあとどれぐらい入ってそうかなど全然分からないところに持ってきて、
予定外に西郷村まで足を伸ばしたおかげで正直燃料が足りるのか確信が持てない、でも今
足すとレギュラー残ったまま給油することになるなと逡巡しながら山へ足を踏み入れて行くと
針が下がると警告灯が点くまでになり「しまった」と思った時には既に遅く冷汗タラタラ、肝を
冷やしながらの帰途に陥ったわけで、カンベンしてくださいよホント(^_^;




やっぱりクルマはコレぐらいのサイズ(幅1690mm)・重さ(1100kg)がよいなぁ。ほぼ206
と一緒、C4だとちょっと持て余すというか重さを意識させられ道に合わせてあげる部分がある
から考えずに運転できるだけでも嬉しいですわ。

ロッド式のMT、アクセルもクラッチもワイヤー式でちょっと渋いけれど余計なモノが挟まって
ないからダイレクト(?)というかポンと反応してくれる。逆にダンパーはカンペキに終わってて
手放した206の末期と同様に四六時中頭を揺すられちとキツイ。

あとこれはヤレというより年式相応なのだと思うけどフロアがヤワで段差乗り越えるとブルン、
アクセル抜くとプルプル...エンジンやミッションのマウントが揺れてる感じはないだけに余計に
鬱陶しいなぁと。
[PR]
Commented by gosyurin at 2006-08-28 09:22
ZXのしょぼい後姿が良いですね。

九州在住時を含めても自分の車では福岡-熊本-鹿児島ラインしか走ってないので大分、宮崎は異境の地です。宮崎は他人の車同乗で人吉、湯前から西米良村へ抜けて新田原などには行きましたが…
ぜひ行ってみたいものです…転居無しで(^^;
Commented by ワッツ at 2006-08-28 14:33 x
代車で遠出してるなぁ~。下のコメントにあったけどフワフワは
ショック抜けだろうね。5万キロ超えれば抜けてるんじゃなかろうか。
でも面白いのが抜けててもそれなりに走れるんだよね~、なぜか。
タイムアタックしてるときもあんなにダメになってるとは気が
つかなかったし。今度のってみ~だいぶいい感じだよ(^^)
Commented by wonder_95218 at 2006-08-31 00:10
ごしゅりんさん
これまた亀レスで申し訳ありませぬ<(_ _)>
>しょぼい後姿
最近のクルマにはない素っ気ない造型が逆にお気に入りでもあります。
OPELのアストラHBに似てると思うのは私だけ?

>大分、宮崎は異境の地
えぇ同じ九州人からでも東九州は陸の孤島と揶揄されますから(笑)
不便な分だけ一気に見て回れませんがそれぐらいあちこち趣があるって
もんですよ♪
機会がありましたらお越しくださいませ、転居がなくても...
Commented by wonder_95218 at 2006-08-31 00:19
ワッツさん
>代車で遠出
まぁ午後からですからちょっとしたお散歩みたいなもんですよ(どこが?)

やっぱ抜けてますよねぇ<ショック
>抜けててもそれなりに走れるんだよね
確かに。
応答が極端に落ちるわけでなく結構いいペースで走れましたわ。むしろ
思ったよりフロント巻き込んできたりでそのへんもコミで存外乗りやすい
というか思ったように転がせましたわ。

>今度のってみ~
是非是非に。ってツーリングやなんや言いますがなかなか折り合いが
つきませんなぁ(^_^;
by wonder_95218 | 2006-08-27 22:34 | 駄文 | Comments(4)