アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

Formula Nippon Rd.5 AUTOPOLIS 午前

今さらながらですが少し(?)お話させていただきましょう。

そもそもはMINEサーキットの閉鎖の煽りを受けての事だったかと記憶しておりますが急遽
ノミネートされた全日本選手権フォーミュラ・ニッポン、オートポリス開催。

これでタカ括っていつでも見に行けるだろうとも思えますがなにせ立地・環境的に条件最悪
なこのサーキットのこと、動員が落ち込めばエントラントの負担大きいこと考えるとアッサリ
見切られる可能性もなくはない。

ということでやってる時に行っておかないと、と少しでも見ようかと思う気持ちあるなら行って
動員に貢献しとくべしの想いで前日まで見に行くか迷っていたものの朝6:00に起きて父親
から折りたたみ自転車を借りてC4に積み込み出発。

人が動き出す前の時間帯なので2時間程度で到着を見込んでましたが途中熊本方面から
ワラワラとクルマが阿蘇の外輪山を上ってくる、メインゲートに到着した時には見たことない
ぐらいの行列が。開門から1時間ほど経っている事考えるとこりゃあ結構盛況ですな。

案内に従い駐車場にクルマを乗り入れた頃にはフリー走行のセッション開始まもなくの場内
アナウンスが。慌てながらもemzeuroさんのイベントに伺って勝手知ったるなんとやら、で
インフィールド第1ヘアピンの芝生席へ。
c0038334_22162523.jpg
ここからは3~4コーナーから第1ヘアピンへの進入、立ち上がって200Rへ駆け上がるまで
と見通しが利き挙動も比較できて(舞い上がってバシバシ撮影してるとあっという間に30分の
セッションは終了してしまったのですが)お好みの観戦ポイント。

第1ヘアピンはやはりみなさん観戦ポイントとご存知か、泊まり込み組も含めてかなりの数の
クルマが停め込んでありテーブルなど広げて陣取ってらっしゃる方が多数。フラフラしてる私
はちょっと肩身が狭いのでセッションの合い間にポイント移動。
斜面をそのまま生かした高低差の大きいレイアウトもさることながら移動するのもひと苦労。
借りてきた変速付と言えど車輪の小さな自転車では漕げども漕げども進まずドッと汗が噴き
出し、足はガクガク。運動不足は確かにですがそういう問題ぢゃあございませんね。
c0038334_22385825.jpg
最終コーナースタンドに。サポートのVitzレースを見ながら併催の全日本F3選手権第12戦を
待とうかなと思っていたら昼のピットウォークの入場券を販売するというので当日売りのパス
の値段はいささかお高すぎて諦めてましたがこれ幸いでメイン会場まで下りることに。
c0038334_22575155.jpg
チケット買ってメイン会場をウロウロしてたら自動後退のブースでトークイベントやってました。
両ドライバー差し置いて喋り倒していたのは金石勝智氏...

ピットウォークでの模様。c0038334_20234341.jpgc0038334_2024255.jpg
まだまだ調整か?作業しているチームもあれば準備万端なチームも。c0038334_202619.jpgc0038334_20262410.jpg
ちなみにINGINGはF3の方も準備万端。c0038334_20275365.jpgc0038334_20281493.jpg
かと思えばF3はコースインまで間もないと言うのにまだ手を入れてる車両も。
c0038334_23472437.jpg
愛想No.1は荒選手、マシンの仕上がり調子に関係なく絶えずニコニコ。
c0038334_2174279.jpg
無愛想No.1は虎之助、思い起こせば昔から無愛想で名を売った男なれどファンサービス
大事にするアメリカ行っても変わらなかった模様。
人気ドライバーの一人ゆえにファンが押し寄せ鬱陶しいかもしれないがニコリともしなければ
ジャマくさそうにサインするのもいかがなものか。わたしゃこの態度だけで以後応援すること
止めましたよ。
c0038334_23561033.jpg
「リョウさん1枚お願いします」と声かけたところ怪訝な表情の道上選手。
c0038334_2357268.jpg
考えてみれば彼もリョウ、このチーム2人ともなんですね(^_^;

さてさて私がピットウォークで撮影させていただいた方・握手させていただいた方、なんと悉く
レースではアクシデントに巻き込まれたりペース上がらなかったり下位に沈み込んだわけで。
んーわたしにゃそっち方面の力があるのか?(S-GTで検証してみようかしら?)

ライバルを沈ませたいチーム関係者のみなさん、力貸しますよ。ご招待いただければどこへ
でも伺います、アゴアシ付でパスください(爆)

続く。
[PR]
Commented by gussanracing at 2006-08-14 15:33
ファンサービスか・・・
コレ難しいですなぁ~、ファンの前ではいつもニコニコってのプロとしての
サービスだと思う半面、レ-ス前に緊張感も無くってのもあまりにもショー化しているキライもあるような・・・。

このモータースポーツがイマイチ盛り上がらないこのご時世、ファンあってのものだとは思うのですが、ピット内で繰り広げられている事情を目の当たりにすると、ニコニコしてられねぇ~場合もあるんでしょう、大変な仕事ですからね。それこそ2時間後に死んでるかも知れないし(極論ですが・・・)

時代が違いますけど、昔の星野や中嶋がペラペラとファンに愛想振ってるのって無かったものですからねぇ。

下から3枚目のルマン・ドライバー片岡くんですね。
下から2枚目の道上氏はいつもそんな顔ですよ。
ブッチョ面も選手の個性と理解しております。

以上、個人的な意見を調子乗って書いてしまいました。ご免ですぅ!
Commented by wonder_95218 at 2006-08-14 22:04
ぐっさん
>下から3枚目のルマン・ドライバー片岡くんですね
ご指摘ありがとうございます<(_ _)>
間違ってUPしちゃってました(^_^;
>道上氏はいつもそんな顔ですよ
あ、そうなんですね。シャッター切る前に『あ、オレに言ってんの?』的
困惑された表情されたもんで...

>ファンサービス
そもそも決勝直前のあの時間帯にピットウォーク行うというのが問題アリ
と言えばそれまでなんですよね。おっしゃる通りトラブル出ちゃったとか
セッティングがまだ決まらないとかホントはいろいろやんなきゃなんない
愛想振ってる場合じゃない状況ってザラでしょうからねぇ。
ただ出てきた以上はファンの顔も見ない、不貞腐れた態度、サインも流れ
作業的というのはちといくらなんでもマズイんじゃないかと。

>昔の星野や中嶋がペラペラとファンに愛想振ってるのって無かった
それはそれでもいいと思うんですよファンとの距離感を近くするのか遠く
しちゃうのか全体で線引きできてないとおかしなことになっちゃう、私の
様に了見の狭い人間は不愉快に感じたりもするわけで...
Commented by gussanracing at 2006-08-14 23:32
>不愉快に感じたりもするわけで...
普通はそう思いますよねぇ~。
トラはそんなものと思えばそれはそれで、「いつものトラだぁ~!」と思って嬉しくなってしまう私ら一家は変態なのか?(笑)。
ごく稀に機嫌が良いときありますよ~。
Commented by wonder_95218 at 2006-08-16 23:42
ぐっさん
>「いつものトラだぁ~!」と思って嬉しくなってしまう
そういう楽しみ方もありますか、私はまだまだ修行が足りておりません
でした(爆)

次はS-GTオートポリスラウンドに出撃予定也。
by wonder_95218 | 2006-08-11 00:04 | 駄文 | Comments(4)