アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

山陽ルート平定の旅 part4

萩から山陽路に出るには山越え谷越え...地図見ながら予定を立てた段階で「角島スタートして
萩寄って...」だったら「初日は山口県の名所観光に費やしちゃおう」(モチロンかなり詰め込む事
になるので相当に駆け足になっちゃうけれど)という事にしてました。

c0038334_2092362.jpgc0038334_20939100.jpg
山間の県道を走って目的地方面へ向うも車窓の光景は阿蘇や久住あたりを走り慣れてる目には
ごくフツーの高原へと向う道で「こりゃ言うほどないのかな、外れか?だったら素通りしちゃえば
いいか」などと思いながら走って行くと...徐々にそれっぽい光景になってきました。
このままパチパチ撮っててもいいのですがなにしろ公的二輪車がバンバン通り過ぎていくので
「ちゃんと停まって撮影しとくか」と展望台へ向いました。

c0038334_2010656.jpg
秋吉台・カルスト展望台
見て分かるとおり遊歩道があり散策できるようになってるんですが...とてもじゃないですがこの
スケール見たら足を踏み入れようという気は萎えました(^_^;
世が世ならボコボコ掘り返してセメントの材料にガンガン持ってかれた?「どれだけ採れる?」
などと考える私は世知辛い?

c0038334_20102557.jpg
長者ヶ森
秋吉台唯一の原生林、云われを書いた看板読めばここらというか九州一帯まで広がる平家の
落人伝説がここにも...クルマ嵌め込んで撮りたいとも思いましたが道幅に余裕あるわけでなく
公的二輪車が徘徊している通りでロケーション求めてウロウロするわけにも行かず、『見るべき
ほどのことは見つ』と秋吉台を後にしました。

一気に山を下って山口市へ、『山陽路随一の温泉』という湯田温泉に浸かろうかなと思いました
が...安い鄙びた温泉好きに私の目には1000円前後からスタートの入湯料と街中に立地する
とあって風情にも疑問を覚えてスルー中心街へと向いました。

まずテキトーな所にクルマを停めて街の中をウロウロと。知人のお店をコッソリと見学したりして
みましたが...県庁所在地では珍しく旧藩庁のあった地と異にするここ山口市は変わった雰囲気
で大きな街特有のゴチャッとした感じがなく、連休中であるにしても妙に人通りが疎らな感じが。
調べてみれば県庁所在地で最も人口の少ない都市と言うことだそうで...山口市 - Wikipedia

ひとしきりウロウロしてから観光再開、まず訪れたのは
c0038334_20255851.jpg
c0038334_2059256.jpgc0038334_20594348.jpg
国宝・瑠璃光寺五重塔
ちょうど連休とあって正規の駐車場の他に臨時の駐車場が準備されており、たまたま先に目に
付いたのがそちらだったのでクルマを停めて隣接する公園を抜けて行ったのですが...思わず
声が出ちゃいました。いろんな角度から見てみましたが視界が開けてパッと見えた時の眺めが
一番美しかった気がします。

c0038334_20574083.jpgc0038334_2058132.jpg
(左)正面の庭園と。
禅様式のほとんど装飾のない建物ですが『美しい』と言う以外にボキャブラリーの貧困な私には
表現する術がございません。
(右)真下から見上げる。
各層の間隔は上に向うほど詰まっているのですが逆にそれによって調和しているように見える
そうで...こうして見上げても視覚的に違和感ないのは不思議です。因みに高さは31.2m(MS
だと何級?)

c0038334_2122592.jpg
これは塔のすぐ脇にある司馬遼太郎の『街道を行く』からの碑文ですがこれ以外にも様々な文人
の歌・句碑が。

丘の上にあり取り付けの道が分かり難く「もういいか」と思ったのですが(行ったことのある)父に
Telして行き方訊いて続いては向ったのは
c0038334_2133255.jpg
ザビエル記念聖堂
実物は相当大きな建物でした、下の道からでも二つの塔が垣間見えます。
消失した旧聖堂のガチッとした佇まい(と言えど建造は戦後だったんですね)の建物から一転、
現代的な建物になってニュースで初めて見た時以来「なんじゃコレ?」と懐疑的だったのですが
実際見ると角度によって全然違った表情になり「このカタチはそういう狙いだったのね~」と感心
思うより悪くないですね(と手の平返してみる)。

ここザビエル記念聖堂は本来観光地と言うよりホントの教会で(隣には修道院なども)礼拝堂も
入ることは出来ますが長崎の浦上天主堂のように撮影等禁止巡礼の信者の方がお祈り奉げて
たりしてまして厳かな空気は部外者がチョロチョロしていい空間ではありませんで早々に退室。

c0038334_21335390.jpgc0038334_2134770.jpg
(左)井戸の脇で説法(布教)するザビエルの銅像
(右)平和の鐘
この平和の鐘、ひっそりと置かれてましたがキリスト生誕2000年を期にヴァチカンが作製した
もので世界に5つしかないものだそうで...広島に贈られたものが同じ教区ということでザビエル
にゆかりのあるこちらに設置したとのこと(前法皇ヨハネ・パウロ2世の平和を願う鐘文が)。

聖堂の鐘楼の時を告げる鐘の音に時計見れば15時。
そろそろ『次行ってみよう~次!』(byいかりや長介)ということで次なる地へ(続く)
[PR]
Commented by cyrano at 2006-05-14 23:58 x
パーフェクトジオングよりちょっと小さいくらい…
みたいです。
Commented by gosyurin at 2006-05-15 08:35
昨年行ったときに山口県内の道路のガードレールの色がオレンジのところが多くて何でやねん?と思った記憶が。

>山口市
小郡町も山口市になっちゃったんですねぇ…それで駅が「新山口」なんですね…何だかな。
Commented by sumitatsu at 2006-05-16 18:57 x
 はじめまして、プルリエル乗りのsumitatsu と申します。
 埼玉県在住ですが山口県出身です。

 あのガードレールの色は、山口県の県の花が夏みかんなので、そのイメージにあわせて決めたとの事。
 黄色いガードレールばかりを目にして育った子供時代、よその県に出かけるとガードレールが白い事に違和感を覚えたものです。(そういえば、身近なセンターラインも殆ど追い越し禁止の黄色だった)
 山口県だけが特別扱いなのは変である事やコストの問題から、昭和50年頃から新設されるガードレールは白いものになりましたが、山間の道などはまだまだ古いものが残っています。
 このオレンジ色がかった黄色いガードレールは、いずれはなくなってしまうでしょうから、私にとっては「失われつつある懐かしい景色」だといえます。
Commented by wonder_95218 at 2006-05-17 00:00
cyranoさん
期待通りのご回答いただきありがとうございます(笑)

>パーフェクトジオング
って逆にそっちが「そんなものなの?」と思ってしまったのですが...
というか思ったより小さいんですねというかMS全般が(^_^;
Commented by wonder_95218 at 2006-05-17 00:06
ごしゅりんさん
>ガードレールの色がオレンジ
「記憶にないなぁ...」と思ってましたら↑に回答が寄せられてましたね。

>「新山口」
合併より前倒しで駅名変更してましたね、新幹線で最初に聞いた時は
ズッコケそうになりました<あの駅名
というかこれまた小郡が合併してたことも今頃気付きましたがね(^_^;
標識にはまだ表示されてるんだもん...
Commented by wonder_95218 at 2006-05-17 00:11
sumitatsuさん
はじめまして、コメントいただきありがとうございます<(_ _)>

ガードレールについて情報提供いただきましてありがとうございます
そういった事情だったのですね、道理で道中見かけた記憶がない訳
です、ちなみに大分県内では県産材の消費とPRのために木製の
ガードレールというおぞましいものを開発・投入すると言うニュースを
つい最近耳にしました、ほとんど機能を期待できないシロモノに税金
投入されてもなぁ...
Commented by gosyurin at 2006-05-17 09:45
sumitatsuさん、情報ありがとう御座います。

私の山口のイメージは瀬戸内でなく山の中(^^;で、道に関しても黄色いガードレール&黄色いセンターラインです(笑

>小郡が合併
わたしも、wonderさんの記事中のWikipediaへのリンクを見て、山口市の形が変だなぁ、海まで繋がっていたっけ?と思って気付いた次第です(^^;
Commented by sumitatsu at 2006-05-17 10:10 x
 徐々に白いものに置き換わっている、と記憶の山口県の黄色のガードレールですが「真新しいものを見たような気がしないでもない」と思えてきました(^^;
 んで、「黄色いガードレール」の言葉で色々ググって見ると「2004年3月からは「ガードレールの標準色は白」という基準が撤廃された」という事もあって、『ご当地モノ』として復活(or延命)しているようです。
 大学からこっち地元を離れてるから、郷里のことが全然分からなくなってます(大反省)
by wonder_95218 | 2006-05-14 22:14 | CITROEN C4 | Comments(8)