アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

薩摩半島へドライブ&知覧プチオフレポ(中)

前・後半で収めるつもりが毎度の冗長な文章と撮った画を出来る限り掲載しようとすると
上・中・下の3部攻勢にせざるを得なくなりました(笑)
ちなみにあれから2日経ちますが、ちょっと歩き回っただけなのにいまだに足が筋肉痛。
パンパンです(爆)鈍りきっておりますな。

ということで日が暮れる前に鹿児島市内に入りたいという当初の目論みは何処へやら...
都城の郊外に差し掛かる頃には見事な茜空。ということでまたも盲撮り。
c0038334_2231695.jpg
実際の空の色とは全然違ってしまってますがこれはこれで...いかがでしょう?

さらに歩を進めると曽於市の山越え、日が暮れた山の中を進むと通行量の多い国道とは
言え気温はどんどん下がり外気温計は『Risk of Ice(凍結注意)』の点滅し始め氷点下
へ。
cyrano_gasconさんが『鹿児島でも雪が降ってる』とおっしゃってるのを「うちより全然南
なのにそんな降るの?」と拝見していたのも「日が暮れていくらも経ってない時間でコレなら
こりゃ寒いし頷けるなぁ」なんて頭を過ぎりつつ信号待ちでふと横を見ると路肩や歩道の端
に白いものがこんもり、結構な量積もってたのね(「うへぇ...こりゃ明日はかなり早い時間に
発たないとマズイかも」などと伏線を張っておきます)。

さて山を降りて国分市内に入り鹿児島市内まで100kmも切った所(?)でしょうか、発つ時
燃料計は半分をやや上回る所で距離的に鹿児島市内で給油すれば事足りるだろうと思って
ましたが件の寄り道が堪えたか。早々残燃料警告点灯、ムリをすれば辿り着けなくもという
ところで途すがらのGSの価格表示見ると132円~136円/L。ビミョーな気分でしたが瀬に
腹で手近なセルフで給油。11月終盤に切羽詰って給油したために記録とるタイミング逃して
しまっていたのでここでの数字は11月・12月合算での燃費記録となります。

走行距離 2309km 燃費8.9L/100km(約11.2km/L) 平均車速 38km/h
通算は
走行距離 7862km 燃費8.6L/100km(約11.6km/L) 平均車速 39km/h

ふた月でなので走行距離は逆に若干少なめ、寒波が襲来で出不精気味だったのが如実に
通勤メインだったので燃費も10月以前に較べ若干悪いですね。通算の足引っ張られてます、
微悪化。

さて時系列をぐっと進めまして...錦江湾沿い姶良~鹿児島間の国道10号のダイナミックな
道の造りにビビリつつ、クルマに積んでる地図が存外粗いものでおおまかな位置関係覚えて
だった私には役不足で自分の位置を見失いつつなんとか20時過ぎにようやくホテルに到着。
名前伏せますが...この時期車内泊は辛いので寝るだけのつもり、値段有線で選んだ宿では
ありましたが。部屋に入るとコレはしょっぱい。うーん...まぁ大した期待していたわけではない
のでそれはそれ、まぁ天文館ほど近い立地考え、食事に出るには良かったか!?

ということで荷解きしてここまでなんと朝から一食も摂っていなかったのでさすがに朦朧として
きたのでブラブラ歩きながら軽く一杯ひっかけに(笑)観光客向け値段でなくて気取った料理も
要らなくて適当な店はと(ムチャ言うねい)うろついてようやく腰を落ち着けた居酒屋で生麦酒を
喉に流し込みつつ一応軽いフリしたつもりだった(フリにはなってなかったか!?)cyranoさん
メール。

2・3ヶ月の間に2度も鹿児島県訪問と私、相当粘着質ですが「あ~そ~ぼっ♪」と暗に露骨に
案内を強要するこの厚かましさ。ご都合あるにも関わらず快諾してくださったcyranoさんには
ホント感謝の一念でございます<(_ _)>
食事済ませて天文館近辺をしばらくぶらついてホテルに戻って更に軽く一杯ひっかけながら
(桜島訪れた際に『次回は』とおっしゃってた)葉さんに伝達と更新試み慣れないPCのあまりの
使い難さに業を煮やし断念した経緯は既出の通り。その後本格的に腰据えて飲み始めたのは
公然の秘密(爆)

さて明けて8日、軽い宿酔を覚えつつ(爆)身支度整えcyranoさんにご連絡し、おいでになる
までの間に鹿児島市内を少し観光しようと行動開始。といえど土地勘ないので出がけにそこら
にあった観光ガイド手にしてきただけなのでいっそでベタな観光地に行ってやろうと。
c0038334_065057.jpg
これがホントにベタな画ですが...城山公園に。いや、前回対岸に行ったわけですがホント桜島
の規模ってすごいですねぇ、こんなサイズで見えるとは...実際目にするとちょっと圧倒されると
いうか感慨が深いものがあります。

そこここに西郷どんがいらっしゃいまして南下してくる途すがら西南戦争関連の史跡が散在
しておりそれを目にしてましたし、TVドラマで西南戦争扱うと城山に砲撃がドーンなんて画面
見かけるのでそういう痕跡があるものと思ってましたら地元のおっちゃん(らしき人)に訊けば
そういうの見たければ山下りて私学校跡に行けというサジェスチョン...フィクションと分かって
はいましたが現実との落差は結構デカイもんですね。

宿酔の影響で些かボーっとしていたので暫くベンチで桜島を眺め続けてましたが物足りなくて
更に動こうと駐車場に戻りながら立ち並ぶ土産物屋を冷やかして見かけたのが
c0038334_0213482.jpg
わかります?『こどもぎんこうけん』じゃございませんよ、正真正銘の『日本銀行券』です。
考えてみればこの頃のお札の顔は維新の立役者たちなのでさもありなんですが、これお釣
に渡すだけでなく、硬貨や現在のお札と交換してくれるそうな。殊に子どもの頃家で見かけた
気がしますが百円札、現存してるんですね。『どう?替えたげるよ』と声掛けてるおばちゃん
に最大の疑問をぶつける「てか、これっていまも使えるの?」受け取る側がどういう顔するか
は存じませんが『れっきとした日本銀行券なので使える』そうな『当たり前』なのだそうですよ...
幾人ものおばちゃんの『替えたげるよ』攻撃をいなしつつ撮影させてもらうと『持って帰れば
いいのに』と結構しつこい。どう考えても「扱いに困るしねぇ」と返すと『あ~そうそう写真撮って
いいかって言う人はおカネ使わん人』『いらん人にはうちもあげんわ数に限りがあるんだから』
のなんの物凄い言われよう...ある種魅力的な品々が並んでますがそのセンスを理解できる
人も思い浮かばないのだからしょうがないじゃないって誰に言ってるんだろう(^_^;
そういえば、土産物屋さんでやたらと帽子を販売しておりましたがなに需要向けなんだろう?

次は西郷隆盛が寝泊りしていたという西郷洞窟跡へ。
クルマを降りるなり目に入るは西郷どんの、道をはさんだ土産物屋にも西郷どん。城山公園
以上に西郷ごんのインフレ(汗)あまりの光景に撮影しようかと思いましたが勇気が...さてさて
ここの案内板で改めて西南戦争の進軍・敗走経路をお勉強。

とcyranoさんよりご連絡『まもなく着きます』とのこと、現在地お教えして約10分。長いフリを
経ましたがこれよりプチオフの開始でございます。
[PR]
Commented by cyrano at 2006-01-11 22:59 x
いや、エピソード2、楽しみました。アタシと出会う前にこんなことが
あったとは(一部きいておりましたが/笑)。ところでこのお土産屋の
左上にある紫の人形、桜島でも見覚え有りませんか・・・?
キョーレツなグッズばっかりですね。わが土地ながら、驚きです。
Commented by wonder_95218 at 2006-01-12 22:12
cyranoさん
>エピソード2
ん~だいたいのところお話させていただいてたと思いますがお楽しみ
いただけてなによりです。

>紫の人形
そう、この画撮る時「あ゛」と思いましたよ(笑)桜島の展望台に較べると
土地に縁のある土産モノよりインパクト重視のグッズがゾロゾロでした♪
by wonder_95218 | 2006-01-11 00:51 | CITROEN C4 | Comments(2)