アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本日の自転車記録(その1)

GWだ連休だと言ってても私のお仕事は世間様のお休みと全く関係なく…今日もなんとなれば出勤
でしたがそこはなんとかとお願いして今日はお休みいただきました。

昨夜から開幕したジロデイタリアの1stステージの中継を観ていましたがイタリアンクオリティ全開で
個人TTを4時間観るというのはさすがに無理ゲーが過ぎて寝落ち。とはいうものの1:30ぐらいまでは
起きていたので当然のごとく起床は9:00前後。

余り距離を延ばして動く気分でもなかったのでサックリ鶴御崎往復してみることに。

山に囲まれてる地元にあって唯一坂らしい坂に関わらずに走れるコース、それが吹浦回りの鶴見。
鶴御崎の登り口梶寄まではド平坦。というもののリアス式海岸沿いの道なのですぐ先に見える場所
に辿り着くのにうねうねと回り込むので「直線距離ならすぐそこなのに~」と理不尽な思いに苛まれ、
ついさっきまで追い風だったのにカーブ一つ二つ曲がるとその風は向かい風に変わるので気分的に
はごきげんなルートとは言い難いんですけどね。

行きは上りが待ち構えているので負荷をかけずインナーでゆっくりゆっくり。がこのところ距離を稼ぐ
ルートや自分的に無茶振りなルートを走っていたせいか平坦なだけで凄いラク(笑)ゆっくりと言えど
普段よりペース速いし印象ではなかなか先へ進んでいかないイメージだったけど次々集落を通過。
「えっ!?もうここ?」を繰り返してる間にあっという間に梶寄到着。

先週買ったけど使い残したゼリー飲料で補給して鶴御崎へと上り始める。これがまたこのところ(略)
でキツいけどキツくない、息は上がってくるし心拍数もどんどん上昇、頭上に見える道に到達しても
まだ先があるこれが2度3度あるけどそれは知ってるししつこく上らなきゃいけないのも笑える余裕が。

今まではミュージアムパークのゲートをくぐったら呼吸整えないと灯台まで行く気になれなかったけど
ノンストップで一気に灯台下まで到着!
c0038334_20204651.jpg
変わり映えしない画だよなと撮影してたら観光客のご夫妻が上ってきたのでこれ幸いと撮影お願い
してみた。
c0038334_20204869.jpg
このBlog初顔出し(笑)

って撮れた画を見たら思ってたのとなんか違う…もっとエンド近くを握らないといけないのねorz
ついでにもっと寄りで下からあおりで撮ってほしかったが他人様にシャッター切ってもらって色々要求
するわけにもいかないしね(^_^;

九州最東端まで行ってもいいけどあんまりノンビリ休むと身体動かす気力がなくなるのでテンション
保ててるうちにサッサと下る事に。って言っても荒れた路面の10%台がゴロゴロした下りを颯爽と
駆け抜ける蛮勇は持ち合わせてはいないので常にブレーキ引きっぱなしでノロノロと下りていくわけ
ですが…

下り切ってしまえばあとは来た道を折り返すだけなので平坦だし巡航速度UPのトレーニングじゃない
けどアウターにかけてビュンビュン、とは言いません(笑)まぁ頑張らない程度にクルクル回しながら
心拍数は上げないである程度速度稼ぎながら。

無理はしてないので体力的に余裕はあるし鶴御崎往復は一番遠回りというか距離稼ぐルートの吹浦
回りにしても60kmしかないので物足りないなと思い始める、米水津~畑野浦~木立でも大した距離
にはならないかもしれないけどあと山2つ越えれば満足感は得られるんじゃないかなぁなどと考えたり
しかけたところでサイコン(GB-580P)の表示を切り替えるとバッテリーの残量残り1コマしかない。

こりゃ遠回りしてる間に電池切れたらこのライドのデータがキチンと採れなくなっちゃうじゃん。

ということで電池が切れる前に帰り着く事を優先して距離を延ばす企みは取り止め。なんかビープ音
がしたような気がする度に「ドキッ」としながら先を急ぐ。表示切り替えると電池使うけどスピードAve
だけはちょいちょい確認。上りはアレだけど今日の巡航速度なら20km/h超ペース実現可能なはず。
向かい風になっても辛抱して普段なら茶屋ヶ鼻越えたら遊歩道や歩道を通るのでペース落とし流す
のだけどギリギリまで速度維持して…ゴール!

さてスピードAveは21.51km/h!んと2年前の夏のレベルにようやく戻りつつあるようです(汗)

走行距離:59.64km
[PR]
by wonder_95218 | 2012-05-06 21:47 | ORBEA aqua | Comments(0)