アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

たぶん今年最後のライド

本文はまた後ほど…
前日の天気予報に拠れば晴れ気温15℃ぐらいまたとない自転車日和、仕事など今後の予定を考えると
週末しか乗らなくなってるといえ自転車乗る時間をとるのは難しそうなので乗り納めのつもりで出かける
ことに。腹積もりとしては先日クルマで下見したコース、やっておきたいと思いながら果たせずにいる100
kmライドを達成したいなと、約ひと月ぶりなくせに無謀なことを企みつつ…

まずは海沿いは風がきついのでR10を下り宇目方面へ、乗る度言ってる気がするけれど間隔が空いてる
せいか特に今日は距離を意識してペースを抑え目でサイクリングのつもりで走っても心拍数が高めで調子
悪い、調子なんて大層なこと言えないヘタレだけどキツイ。

宇目ドライブインの坂上りきったところで早々コーラ休憩
c0038334_21132326.jpg
最後の勾配がきつくなるところをダンシングでやり過ごそうとしたら立つタイミング間違って乗り切れも休め
もせず最悪。正直このまま引き返してもいいのだけれど年内最後のつもりがほどほどで止めるのも癪だし
もう少し進むことに。
K39をR326方面へR326との交差点到着、少し逡巡したけどせめて道の駅 宇目まで行くことに
c0038334_2138077.jpg
唄げんか大橋(逆光なのは承知してたけど対岸に渡る体力・気力はもうありませんでしたw)


この地点で走行距離約43km、時刻は14:00過ぎ予定のコースを辿るとここからR326は下り基調だけども
交差したところR10を上って戻るルートは宗太郎峠の12~3km延々上り、体力的にも少々しんどくなりつつ
あるなかこのペースでは日暮れ近くなり気温が下がり始める刻限との追いかけっこはちょっとムリが過ぎる
悔しいけどここで引き返すのが無難と判断。

コーラを追加投入して来た道を辿る、クルマで下見した時に思い実際自転車で走っても感じたことだけど
この道の駅 宇目~K39間、いやらしくアップダウンが連続し堪えることこの上なし。上りは脚を動かさない
ことには進まないのでひたすらガマンして回すけど下りは心拍と脚を休めるために徹底して惰性で落ちる
のみに。R10に戻るにも林道使いショートカットしようかなとも思ったけど行きに山陰が凍結の跡で濡れて
ビッショリなところが何ヶ所もあったこと考えると10%近い傾斜で下りでいくらビビりだし控え目に下っても
疲れてきてることだし判断力鈍ることなど危険を感じずにいられなかったので横着(?)は止めておく。

R10に戻ってからしばらくは下り基調だしできるだけ軽いギアでペースにも目を瞑って進むもあと3回ある
上りを上りきれるか自信が無くなる、疲れも段々ピークに近くなってきて脚動かしてるのも嫌になってきて
直川まるごと市場に飛び込む。なんか少し食べないと帰り着ける気がせずパンを購入カフェインも投入と
缶コーヒーも
c0038334_22143048.jpg
ひと心地ついたおかげか不安だった上りもなんとか這い上がれたけれど番匠川の堤防まで戻ってきた頃
には単純な折り返しのおかげでサイコンの走行距離で残りの距離がわかるせいかウンザリし正直自転車
に跨ってること自体イヤになってましたw

乗り納めのつもりで出かけましたが目論見通り(?)お腹いっぱい乗りました、年内はもういりません(爆)

走行距離:85.58km
平均速度:19.5km/h
平均ケイデンス:80rpm
平均心拍数:171bpm
消費カロリー:2793cal

思い返しながら書いててもゲンナリしましたが100km以上を走りきるためにはまだまだ精進が足りない、
朝が寒く暗いので朝練せずにいるため地脚も心拍も鍛えなきゃダメなのを改めて思い知らされました。あと
自分でルート考えてみましたが100km走るなら友人Oが教えてくれた北浦~葛原~蒲江~畑野浦ルート
でトライすべきですね貧脚さんは。
[PR]
by wonder_95218 | 2010-12-19 22:18 | ORBEA aqua | Comments(0)