アカイC4 VTSとお別れしました。ロードバイクも1台手放しましたがなぜか1台増えちゃいました


by wonder_95218
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ビンディングデビュー

シューズが届いてから10日以上経ってしまいましたがなかなか時間がとれず
ようやくビンディングデビューしました。

休日と言うことでガッツリ乗りたい、ところですが前夜ジロ・デ・イタリアを観てた
ため起きたのは昼前。さてどこに行こうか、前回山に打ちのめされたので平坦
基調でコース設定したい、夕方から野球の試合があるので遠くへは行けない、
となると上浦・津久見方面かな。

でも同じコースを往復するのはつまらない、となると床木の峠を通るとすると…
津久見側の上りの勾配はけっこうキツイよな元気な状態でもしんどそうなのに
復路バテ始めてからじゃ上れるわけないよな。つーことは床木を越えて津久見
に行って海側通って帰るか。

ということで軽く食事して着替えて自宅近所をウロウロしながらビンディングの
脱着を練習しなんとかなりそう、ということでスタート。

走り始めすぐわかりましたフラペにスニーカーと全然違う!回すペダリングって
こういうことね、12時付近6時以降でも力が掛けれる!!90回転ぐらいで回すのも
30km/hぐらいで走るのも少し頑張ればできちゃうじゃん♪

コリャペース上げれるわ~ロードらしいペースで走れてるんじゃね!?って太腿の
筋力・持久力が全然足りないからパワーかけて回してられないすぐにタレる…

床木の峠のふもとでいっぱいいっぱいになっちゃいました(汗)少し休んで上りに
突入。

先日の友人Oの助言を頭に『上りで頑張らない、戦わない』呟きながらひたすら
クルクル、遅くてもなんでもクルクルクルクル。それでもしんどいのには変わりは
ないのですがとにかくピーク到着。
c0038334_21583195.jpg
津久見に下りていくためにはこの彦岳トンネルを抜けなくてはなりませんがこの
トンネル延長1468m。高速が佐伯まで開通して通行量はかなり減ったとはいえ
いまだ結構クルマが通るし速度も速い。今の自分のペースでは危険だしクルマ
の迷惑になるのは確実なのでどうしたものかとフツーに道幅ある歩道があった
のでそちらを進むことに。

ライトは点けているけれど照射角度が合ってないのか光量が足りないのか暗い。
暗いよ~とクルクル進んで出口がようやく見えてきた!と思ったら浸み出した水
で路面濡れてる、水の少ないところを通してもう一カ所ってドロかよっ避けられ
ない…泥っ跳ね喰らったぁorz

気を取り直し下りにかかるとまぁ分かっていたこととはいえあっという間。カーブ
区間は今までのライドのペース程度でグリップの限界なんて把握できてるわけ
がないのである程度慎重に、立ち上がって最後の直線ペダル回して速度稼ぎ
最高速トライ!!53.7km/hを記録!ってまだまだ全然遅いっすね。

津久見市内に入って駅前の大友宗麟公の銅像前で記念撮影
c0038334_2217512.jpg
つくみん公園に移動しドリンクの補充しコーラで糖分補給。野球チームの主将
に試合の開始時刻と球場の確認のTelしてみたら『今日は相手を組めなかった
ので中止』だとさ。と時間が余るけど真っ直ぐ帰らずどこか行くかと思ったけど
津久見は津久見でドン詰まりここから足を伸ばすにも…平坦基調をどれだけ
ペース上げて走れるか試しながら帰ることに。

走ってるとサイクルスポーツの特集を参考にセッティングしたクリートの位置、
要はスペシャライズドが提唱してるセッティングで拇指丘と小指丘を結んだ線
にペダル軸を合わせるように設定する、これだと若干後ろ過ぎるかも。12時
から蹴り出していった時に爪先というか足が遠くまで行きすぎる感覚が。

セオリー通りに拇指丘から下ろした線に動かして調整し直した方が良さそう。

走行距離:38.6km
平均速度:18.5km/h
平均ケイデンス:75rpm
平均心拍数:160bpm
消費カロリー:1197cal
c0038334_2201135.jpg
ルートをGoogle Earthに吐き出してみるとこんな感じ

帰ってから彦岳トンネルで浴びた泥を落とすため拭き掃除してあげましたが
サドルの穴の中だとか考えられないようなところまで跳ね上がってるは油分
を含んでたのか粘土質だからかヤケに落ち辛くてまたゲンナリ。
[PR]
by wonder_95218 | 2010-05-30 20:50 | ORBEA aqua | Comments(0)